【30代の人生設計】30代の転職におすすめ転職サイトと転職エージェント

おすすめの転職エージェントと転職サイト
スポンサーリンク

【30代の人生設計】30代の転職におすすめ転職サイトと転職エージェント

30代の転職におすすめの転職サイトと転職エージェントについてご紹介します。

30代といえば

「これからの人生このままでいいのか」

「もっと違う道があるのではないか」

人生における悩みはありつつも

30代は体力はあるので力任せで今の仕事をひたすら頑張りつつ

プライベートも充実している世代といえるでしょう。

私も実際のところ30代の頃はこのような感じでした。

 

しかし、その一方で

「これからの人生もこのままでいいのか」

そんな一抹の不安と

不安を解消するための一歩が踏み出せない自分自身に対する不満を感じながら生きていました。

今回はそんな将来に対する不安に満ちた30代に

おすすめしたい転職サービス、転職エージェントの使い方について解説していきます。

30代における人生やキャリアの考え方

30歳も39歳も30代であることには変わりありません。

しかし人生やキャリアに対する考え方は同じ30代でも

30歳と39歳では全然別物です。

35歳くらいがちょうどその境目であり、人生やキャリアに対する考え方が大きく変わる節目になります。

30歳〜34歳 まだまだいける!勢いだけで乗り切れる
35歳〜39歳 まだまだいけそうな気もするけど、このままでいいんだっけ?

34歳と35歳では、年齢としてたった1歳しか変わりませんが

35歳になると体と心の状態が少しづつ変化があわられます。

つまり、それまで「人生」に対して、あまり深く考えなかった人も、35歳を超えたあたりから、いろいろな事を考えるようになっていきます。

「人生について」

「現在の仕事について」

「同期は出世しているのに自分は・・・」

「下からの突き上げ」

「上の世代の疲弊した姿」

まさに中間管理職というポジションであり

一方で将来に対する不安を感じるタイミングといえます。

 

現在、筆者は40代ですが、40代になってしまった現在、思い返すと30代のときに感じた悩みや不安は、大したことはなかった、と感じています。

当時は35歳という年齢の境目において

「たいしたことがない不安を、無駄に自分の中で膨らませていた」

と感じています。

40代になったいま、35歳の頃の自分にアドバイスするなら

「もっと気楽にいこう」

「周りの人は関係ない」

「自分がやりたいことをやればいい」

と伝えたいところですが

実際のところ、35歳の私はそのような心の余裕はありませんでした。

40代という人生の折り返し地点に近づいている怖さと

35歳のいま、そこにたどり着く準備ができていない自分への情けなさ

そんなものが入り混じっていました。

 

つまり、30代は

これからの人生は全部決っていないし、未来に希望はありそうだけど

これから未来の大半は決まってしまうかもしれない

だから無我夢中で前に進むしかない

といった精一杯の時期といえます。

30代の転職理由(志望動機)

30代の転職理由はさまざまです。

20代の転職理由とは違ったものがあります。

一般的な転職理由として転職支援サービス「doda」では次のようなデータを出しています。こちらは2019年のデータです。(出典元:doda

1位:ほかにやりたい仕事がある
2位:給与に不満がある
3位:会社の将来性が不安
4位:残業が多い/休日が少ない
5位:専門知識・技術を習得したい
6位:幅広い経験・知識を積みたい
7位:土日祝日に休みたい
8位:U・Iターンしたい
9位:業界の先行きが不安
10位:市場価値を上げたい

これは2019年のデータですから、コロナ禍によって現在は変化があるかもしれません。

ただ、dodaの調査によると大きな傾向として「他にやりたいことがある」「現職に不満がある」という点が大きな転職理由になっています。

「他にやりたいことがある」「現職に不満がある」という転職理由はまさに「現状に対する不安と葛藤」の現れといえるでしょう。

私自身も30代の主な転職理由になったものは、これら「現状に対する不安と葛藤」が主な理由でした。

しかし、20代、40代と違って、なかなか一歩が踏み出せない自分がいました。

なぜなら、心のどこかに

「まだまだ、この道を進んでも行けそうな気がする」

「この道は間違っていない気がする」

「まだやり残したことがある」

と考えている自分がいたからです。

だから転職活動をして内定が決まっても、知り合いから転職の誘いを受けても決めきれない場面もありました。

 

ただ、いま40代になってわかったことは

「決めきれない優柔不断な自分」

「誰かの意見に流されてしまう自分」

このような状態は人生において必ず後悔しますし、まさに35歳の自分に、いま伝えたいことです。

 

「失敗してもいいので、やり残しのない選択をする」

40代になって、ようやくこの想いに到達したのですが

dodaの転職理由の1位になっている

「ほかにやりたい仕事がある」

といった理由が

「ほかにやらなければならないことがある」

「残りの人生でやり残せないことがある」

ような

残りの人生をかけた課題のような感覚で40代になって考えられるように変化しました。

「現職に対する不満」はそれほど感じなくなりそれよりも、人生においてもっと重要なものを達成することが、30代の転職理由として感じられると良い転職活動ができると思います。

30代の転職サイト・転職エージェントの活用方法

「失敗してもいいので、やり残しのない選択をする」

年齢を重ねてようやく気付いたこれらのことが30代の時点で転職の目的として気づけると

・残りの人生でやりたいこと

・残りの人生で成し遂げたいこと

を明確にした上で、そこに近づく転職に繋げるために「転職サイト」「転職エージェント」を最大限活用する必要することができるようになります。

この想いを理解して、皆さんの良き代理人として転職活動をサポートしてくれる「転職サイト」「転職エージェント」を選ぶ必要があります。

既存の求人票をただ紹介してくれるだけのエージェントではなく、個々の経験やスキルを理解した上で企業にポジションメイクをしてくれるような転職エージェントに出会えるかが重要なのです。

そのためには、ひとつの転職サービスに登録して、特定の転職エージェントに全部お任せをするのではなく複数の転職サービスに登録して、その中で様々な転職エージェントに出会って

「この人にお願いしたい」

という転職エージェントを少なくても2人以上は見つけることがおすすめです。

ひとりのエージェントにお任せすることが必ずしも良くない、とはいいませんが、特定のエージェントの世界に制限されてしまうことは、転職活動をする上で勿体ないからです。

30代の転職で役に立ったおすすめの転職サイトと転職エージェント

ここからは実際に30代の転職活動で役立った転職サイト、転職エージェントについてご紹介していきましょう。

JAC Recruitment

【公式サイト】http://www.jac-recruitment.jp

JACは大手の転職エージェント会社です。登録すると専任担当が付きます。

専任担当によって手厚いキャリア相談に乗ってくれる転職エージェントです。

転職案件の紹介は専任担当ではなく、専任担当を介してそれぞれの企業担当から連絡がきますが、ゲーム業界案件も多く「量」と「質」の両方で満足できるサービスです。

・他社で扱っている案件はJACでほぼカバーしています

・その一方でJACしか扱っていない独占案件もあるのがポイントです。

よって、JACをどこまで深く活用するかは別としても

まず登録しておくべき必須の転職エージェントです。

 

無料で登録、サービスを受けられますのでとりあえず登録しておきましょう。

JAC Recruitmentに無料登録する

マイナビエージェント

【公式サイト】https://tenshoku.mynavi.jp

大手転職サービス会社「マイナビエージェント」はもゲーム業界に転職するなら登録しておきたい転職サービスのひとつです。

マイナビエージェントは大きく分けて3つのサービスがあります。

マイナビ Sales&MarketingAGENT
マイナビ Sales&MarketingAGENT

ひとつはマーケティングや営業系の転職希望者向けのサービス。

ゲームマーケティング系の転職はこちらから登録することで既存求人票を見ることができます。もちろん登録は無料です。

マイナビクリエイター

マイナビクリエイター

マイナビAGENT×IT
ITエンジニア系マイナビAGENT

エンジニア系、クリエイター系はこちらです。

それぞれページが分かれているので自分にあったカテゴリで登録しましょう。

業界分布グラフ
出典:マイナビ

マイナビ経由での転職した業界分布を見ると、IT、マーケティング、クリエイティブ系が強いのですが、マイナビの強みはマイナビ本体に法人営業が1,000人いるという点があげられます。

大手の人材紹介会社でも法人営業は100人くらいなので、その10倍の営業力を活かして企業の人事担当との接点を作れているのは他にはない大きな強みですね。

マイナビAGENTに無料登録する

DODA

【公式サイト】https://doda.jp

TVCMでも頻繁に見かけるメジャーな求人情報サービスです

豊富な求人情報のストックがあり、その規模は日本最大級の求人数を誇ります。新着求人は月曜と木曜日に更新され、常に最新の情報を入手できます。

dodaを使った転職活動は次の2つです。

・掲載されている求人への直接応募

・dodaエージェントサービスの利用

dodaの専門スタッフによる転職エージェントサービスが受けられます。希望する企業へのエントリー、面接日程の調整、選考結果のお知らせなど転職活動のサポートをしてくれます。

必要に応じてキャリアカウンセリングも実施してくれます。

DODAに無料登録する

ハイクラス転職サイト「転機」

【公式サイト】https://ten-ki.jp

最後にもうひとつご紹介したいのは「転機」というサービスです。

こちらも転職サービスなのですが他のサービスとはかなり趣が異なります。

トロネコも以前、転機のエージェントに「一度だけ会ってください!」と言われて会ったことがあります。

「転機」はあなたを企業のトップ(多くの場合は社長)に売り込んでくれるサービスです。つまり人事採用担当とかを飛ばして転職エージェントが企業トップに売り込んでくれるといわけです。

もちろんメリット、デメリットがあります。

転機のメリット

・経営層に直接売り込むため、給料アップ、責任あるポジションでの転職が可能

転機のデメリット

・経験とスキルが必要

・転職エージェントが個別であなたを営業してくるので、転機の登録から案件紹介まで時間がかかる(半年以上かかります)

 

メリット、デメリットはあるのですが、一方で今すぐ転職する予定がない、もしくは転職したいと思えるほどの案件に出会えない

という方には「転機」はこれほど使い勝手のいいサービスはありません。

実際に「転機」からトロネコに対して最近、素敵な案件紹介がきましたがタイミングがあわずお断りしました。

何事もタイミングが重要ですね。

「転機」に無料登録する

「転機」についてもっと知りたいという方は下記で詳しく書いています。

【おすすめ記事】ミドルシニア層の転職には待ちの転職サービス「転機」がおすすめの理由

30代の転職活動でいっしょにチェックするべき転職サービス

ミイダス

【公式サイト】https://miidas.jp

転職活動にあたって、現職の給与と希望給与の金額を提示する必要がありますが?

現職の給料をベースに希望給与を提示しているだけではないのか?

そんな時におすすめなのが

自分はどのくらいの市場価値があるのか?わかるサービス「ミイダス」です。

市場価値を知ることで、足りてること、不足していることが明確になりますので転職活動にも役立ちます。

ミイダスに無料登録する

転職会議

【公式サイト】https://jobtalk.jp

「転職会議」は様々な企業で働いく人、転職した人のクチコミがみれるサービスです。

すべてのクチコミをそのまま受け入れるのはおすすめできませんが、転職活動における基礎情報収集ツールとしては使えますので登録しておいて損はありません。

転職会議に無料登録する

 

30代の転職で大切なこと・失敗しない転職活動の方法

30代の転職活動で大切なこと、30代の転職活動で失敗しないためには

「失敗してもいいので、やり残しのない選択をする」

ここに気づいた上で転職活動ができるかがポイントです。

30代なら転職の案件も豊富で能力と経験があれば引く手あまたの人もいるでしょう。

実際に知り合いの35歳は次々と有名企業から内定をもらっています。

一方で、40代後半の知り合いは実績もキャリアも一級品なのに、転職活動は苦戦しています。

 

また、この知り合いの35歳は給料も大幅アップが期待できる内定が出ても、なかなか一歩が踏み出せず、結局のところ現職にとどまっています。

踏みとどまってしまう理由には、昨今のコロナ問題や、個人的な家庭環境の問題など、様々な要因があるので一概に「踏みとどまることが悪い」とは言いません。

しかし、実際に私が40代になって感じたことは

「踏みとどまるという事は悪いことではないが、無意識に難易度の高いチャレンジを避けて、楽な選択肢を選ぶのはおすすめできない」

ということです。

 

・妥協しない

・自分に負けない

・自分に言い訳しない

30代の転職活動にはここが重要です。

 

もちろん、「踏みとどまること」もあるでしょう。それ自体は決して悪くありません。自分に言い訳をしない、前向きに「踏みとどまる」なら問題ないのです。

30代の転職は未経験の業界や職業にもチャレンジできるのか

30代から未経験の業界や職業にチャレンジできるのか?

という質問に対して

40代に対しては一般的には「未経験の業界や職業は難しい」という回答になりがちですですが

30代は未経験の業界や職業へのチャレンジはいくらでも可能です。

なぜなら40代からみると30代は

「まだ10年も人生における時間の猶予があるからです」

10年あればなんでもできますし、世の中は激変するでしょう。

日本政策金融公庫のデータによると起業する人の年齢としては40代がもっと多く、続いて30代となっています。

起業する人の多くはそれまでの経験や知識をベースに起業する人が多いのですが、会社経営自体は未経験のチャレンジといえます。

そう考えると、30代における未経験の業界や職業への転職は全く問題ない、不可能ではないのです。

まとめ

今回、30代における転職活動についいて解説致しました。

まずは一歩を踏み出しましょう。踏み出せば未来は変えられます。

【おすすめ転職サイト・転職エージェント】

DODA

マイナビAGENT

JAC Recruitment

転機