【GAMES】スマホゲームのプロモーションに使える7つのSNSメディア特徴比較シート公開|ユーザー特性から活用方法まで

SNSマーケティング
スポンサーリンク

ゲームアプリの宣伝プロモーションに使えるGAMES(Game App promotion Media Experience Sheet)の紹介

こんにちは

マーケティングスペシャリストのトロネコです。

スマホゲームアプリのマーケティングや宣伝プロモーションでは様々なSNSが使われていますが、それぞれの特徴を把握した上で、特性をうまく活用する方法を考える必要があります。

「ただ流行っているからSNSを使ってみる」

といったことでは思ったほどの効果は見込めません。

なぜなら、Twitter、LINE、Facebookといった主要SNSをとってもゲームプロモーション活用におけるその特性が異なるからです。

 

そこでトロネコは

Game App promotion Media Experience Sheet(ゲームアプリプロモーションメディアエクスペリエンスシート)」

頭文字をとって通称「GAMES(ゲームス)」というトロネコオリジナルのシートを作成して媒体ごとの情報整理をしています。

このGAMES(ゲームス)はSNSに限らず、ゲームプロモーションで活用できる一般的なゲーム媒体や、自社で独自に持っているオウンドメディア(企業サイトやメルマガ)まで全て洗い出して

このゲームで定常的に使える告知媒体を洗い出し

フル活用しながらゲーム事業に役立てる

といった分析ツールとしても使えます。

今回はトロネコが独自に作成しているGAMESのSNS部分についてご紹介します。

その他ゲーム媒体や、自社オウンドメディアの整理について興味がございましたらメール、またはLINEチャットで気軽にご相談できる「トロネコのカベウチ」をご利用ください。

GAMES(ゲームス)のメリット

GAMESとはゲームのプロモーションに使えるメディアの特性を整理して、皆さんが担当しているゲームの宣伝に相性の良い媒体を抽出して

どの媒体に注力していくか検討する際に使えるシートです。

「Twitterはとりあえずやっておくべき媒体だからやる」

のではなく

「なぜ、このゲームにはTwitterの活用が必要なのか?」

「このゲームの特性を活かすにはどのようなTwitter活用をするべきか?」

といった状態整理ができることで議論の質があがったり、実際の施策におけるアウトプットの質もあげることができます。

なぜ、トロネコがGAMEというシートを作ったのかというと

多くのゲーム事業の現場では

各プロモーション媒体の特性が整理されていなかったり、断片的な情報だけで判断されていたりすることが多く

「Twitterも重要だけど、実はFacebookもやらないとこのゲームのコアユーザーの離脱防止にならない」

といった抜け漏れが発生していたからです。

またGAMES(ゲームス)によって媒体特性が整理されることで、チームに参加するメンバーの知識レベルを一定に維持しつつ、ミーティングの最適化ができるというメリットもあります。

「LINEってどんな特徴があるんだっけ?」

「このWebキャンペーン施策はLINEとTwitterのどちらと連携機能を持たせるのがいいと思う?」

という議論をしなくてもGAMES(ゲームス)では他の媒体との違いを整理していますので、施策の目的にあった媒体選定がしやすくなっています。

よって時間短縮と、質の向上に活用することができます。

GAMES(ゲームス)におけるSNSの一部を抜粋して公開

GAMESはSNS媒体以外に、一般的なゲーム媒体、アプリストア、自社オウンドメディアなど様々なパートから構成されますが

その中でも今回はSNS媒体のほんの一部を抜粋してご紹介します。

下記の表のように各媒体の特性をシンプルに整理したものになります。各媒体に対して細かい補足を入れると情報が散漫になってしまい施策の検討に影響がでるため、誰でも理解しやすい「傾向」を○×△などでシンプルに表現しています。

その上で、最終的に今回のプロモーションの採用候補としてTwitterとLINEが残った場合は、細かい仕様を別途比較しながら検討するということになります。

※特徴的な部分のセルは赤く色付けしています。

大項目
中項目
小項目
SNS
Twitter LINE Facebook Discord Instagram Tiktok youtube
画像+テキスト 画像+テキスト 画像+テキスト テキスト中心 画像+映像 映像 映像
メディア特性
ユーザー属性
性別 男性寄り 男女半々 男性寄り 男性中心 女性寄り 女性寄り 男女半々
10代 ×
20代
30代
40代以上 × × × ×
ゲームヘビー × ×
ゲームコア × × ×
ゲームミドル × × × × ×
ゲームライト × × ×
繋がり 不特定多数 友だち 仕事繋がり ゲーム仲間 不特定多数 不特定多数 不特定多数
コスト
アカウント費 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料
運用費 内容による 内容による 内容による 内容による 内容による 内容による 内容による
情報
対象 1対複数 1対1 1対複数 1対複数 1対複数 1対複数 1対複数
伝達力 × ×
拡散力 × ×
トレンド醸成 × × ×
信用力 匿名 実名 実名 匿名 匿名/実名 匿名/実名 匿名
プロモーション活用
対象ユーザー
新規ユーザー × × ×
既存ユーザー × ×
離脱ユーザー × ×
KPIインパクト
事前登録 × ×
DAU × ×
継続率 × ×
その他
ファン醸成 ×
影響力醸成 × ×
CBT/OBT集客 × ×

※上記はゲームユーザーとの相性属性でまとめていますので、一般的なSNS単体での属性とは異なる部分がありますのでご了承ください。

 

GAMES(ゲームス)におけるポイントは

ゲームユーザーの属性との相性や、対象となるゲームユーザー、ゲーム内KPIへのインパクト、施策の種類との相性など、実用に使いやすいところまで整理されているという点があります。

このあたりはトロネコのいままでのゲームマーケティングにおける様々な経験がフィードバックされていますので、なぜ○なのか?△なのか?

懸念事項を踏まえた上での議論を進めていきます。

ゲームプロモーションにおける各SNS媒体のおすすめの活用方法

GAMESにおける各SNSにおけるおすすめの活用方法について一部を抜粋してみましょう。

これ以外にも活用方法はありますが、今回はわかりやすいように一部だけ記載しました。

活用方法は

ゲームジャンル × ゲーム内容 × IP

といった掛け合わせで変動しますが、各SNSごとに強み、弱みがありますのでうまく組み合わせることでゲームプロモーションの基礎をつくることができます。

Twitter ・20代中心のゲーム
・情報接触機会の創出
・TVCM等との併用
LINE ・ゲーム内施策の伝達
・離脱防止、DAU維持
Facebook ・40代中心のゲーム
・リアルな繋がり
Discord ・DAUの維持
・ファン醸成と維持
Instagram ・視覚的訴求による情報接触機会の創出
・TVCM等との併用
Tiktok ・視覚的訴求による情報接触機会の創出
・TVCM等との併用
youtube ・youtuberによる情報伝達
・TVCM等との併用

※上記は一例です。

例えばゲームプロモーションではあまり活用されていないFacebookなどは30代から40代にかけて好まれる、ゲームジャンルや、彼らの世代で認知の高いアニメ版権などには活用できますし、リアルな友だちとの繋がりを利用したプロモーションを仕掛ける上で活用できます。

ゲームメディアや自社オウンドメディアの整理にも使えます

今回は公開していませんが、GAMES(ゲームス)には一般的なゲームメディアもその特徴を整理しています。

例えばファミ通と4gamerではユーザー属性が異なりますし

GameWithとミラティブでは、プロモーションメディアとして活用する上での目的が異なるため、

いま担当しているゲームタイトルの「状態」「目標」を踏まえた上で適切なプロモーションメディアを選択する必要があります。

その際にGAMESは非常に役立ちます。

さらにゲーム会社の多くには、ゲーム会社自身が気付いていないようなオウンドメディアを持っている場合もあります。

・企業サイト

・企業Twitter

・メルマガ

・自社出版物

・リアルなロケーション

・自社で定常的な広告出稿場所がある

といった部分を実際に私がプロモーション支援をする際には整理しています。単体ではそれほど大きな広告価値はなくても、他の媒体と連携することで、

全体施策の一部を担う重要な役割を果たすこともできます。

まとめ

GAMESについては、随時アップデートをしながら新しい媒体や、それらの活用方法を整理しています。

今回、公開したSNSの部分だけでも、各施策を検討する上では参考になると思いますので、ぜひ御社での議論に活用して頂けますと幸いです。

 

その他ゲーム媒体や、自社オウンドメディアの整理、詳しい話を聞きたい場合はメール、またはLINEチャットで気軽にご相談できる「トロネコのカベウチ」をご利用ください。

ありがとうございました。