トロネコのプロフィール・お仕事のご相談(家庭用・スマホゲームマーケティング全般)

お知らせ

はじめまして。トロネコです。

ゲーム業界で長年に渡ってマーケティングをやっています。

簡単に自己紹介をすると以下の通りです。

 

・ゲーム業界歴20年以上

・家庭用ゲーム、スマホゲームの両方で宣伝マーケティング経験あり

・家庭用ゲーム、スマホゲームの両方でゲームプロデューサー経験もあり

・関わってきたゲームタイトルは60タイトル以上

 月商10億円超のスマホゲームから、ハーフミリオンの家庭用ゲームまで、最初から最後まで関わっています。

・ゲーム事業に必要なこと全部ご相談できる

・経験、スキルを使って設計、実行までできる

20年以上、ゲーム業界に関わってきましたので成功だけでなく失敗経験もたくさんあります。

経験があるからこそ

この道をこのまま進むと「失敗」の可能性がありますよー

というアドバイスができるのも強みのひとつです。

本質に踏み込んだ「本物のマーケティング」を提供します

ゲーム業界におけるマーケティングの多くが

「ゲームを売ること、インストールを獲得する」

といった「プロモーション」を指していることが多い傾向があります。

 

しかし、「デジタル広告」「SNS運用」「リアルイベント」「ネット番組」といったプロモーションはマーケティングの一部に過ぎません。

 

マーケティングの本質は、ゲームの企画段階から「モノが売れる仕組みづくり」です。

【参考記事】「マーケティングの定義とは?」すぐに答えられますか【一言で簡単にわかりやすく解説】

トロネコはゲームの企画段階から、どうやったら売れるものが作れるのか

そして、どうやったらユーザーに届けられるのか

みなさんと一緒にひたすら考えます。

家庭用ゲーム、スマホゲームの両方でゲーム開発プロデューサーの経験もありますので、

開発段階からチームに参加して、その先を見据えた上でマーケティングの動きができます。

ゲーム事業の上流から下流までワンストップで対応できます。

 

実際に「つくるマーケティング」「とどけるマーケティング」「とどけつづけるマーケティング」を分解した「トロネコのマーケティング100リスト(通称:トロネコ100リスト)」も公開していますが

これらを全部、トロネコはやってきました。

大きな画像は下記の記事をご覧ください。

【関連記事】【スマホゲームアプリ/家庭用ゲーム】マーケティング100リスト公開(トロネコ100リスト)

 

 

ところで、マーケティングにおいて、最も重要なのは「マーケティング戦略」の策定です。

「マーケティング戦略」は一度作成したら、そのまま更新されず形骸化しているケースが多いのですが、トロネコは常に「市場の変化」と「当該タイトルの状態変化」を踏まえてアップデートし続けます。

戦略なく、施策アイディア先行で施策が実行されると

その施策が、そのゲームにおいて必要なのか?効果があるのか?

施策の存在意義がわからないまま進んでしまいます。

 

限られたリソース(ヒト、モノ、お金、時間、チャンス)の中で、どうすれば勝機があるのか?

「勝機を作り出す戦い方」がマーケティング戦略です。よってマーケティング戦略策定は非常に重要なのです。

使えるマーケティング戦略策定には「経験」「スキル」「知識」など様々な要素が必要です。

ここをトロネコは全面支援します。

また、一緒に作り上げていくことで御社内マーケターのスキルアップにも貢献します。

 

トロネコが大切にしていること

トロネコが大切にしていることは次の通りです。

 

トロネコは「マーケティングでゲーム業界を変えたい」と本気で思っています。そのためにゲーム業界に20年以上、人生をかけてきました。

「人生をかける」なんて、ちょっと大袈裟に聞こえてしまうかもしれませんが、これは20年以上にわたって数々のゲームクリエイターとの出会いから生まれたトロネコの信念です。

人生をかけてゲーム作りに挑んでいる

才能あるゲームクリエイターが適切に評価され

作りたいゲームを作り続けられる環境を提供したい

と思っています。

そして、これこそがマーケターの使命だと信じています。

この想いは20年間のゲームマーケティング人生を通して変わりません。

そして、実現するために、当メディア「トロネコのマーケティング大学」を2018年5月にスタートさせました。

トロネコへのお仕事のご相談

ここまで読んで頂いてトロネコについて興味を持って頂きましたら大変光栄です。

気軽にご相談できる「トロネコのカベウチ」もやっていますのでご利用ください。

【無料でマーケティング相談】「トロネコのカベウチ」はじめました(ゲームエンタメ業界で働くみなさまへ)

 

「一緒に何ができるのか、具体的に考えたみたい」

という方は下記をご覧ください。

上記は一例です。

ご要望にあわせたお仕事の内容と形態をご相談可能です。

みなさまのご相談おまちしていますニャ

 

お問い合わせメールアドレス

toro_neko2020@yahoo.co.jp

タイトルとURLをコピーしました