トロネコのプロフィール・お仕事のご相談(家庭用・スマホゲームマーケティング全般)

お知らせ

はじめまして、トロネコです。

ゲーム業界でマーケティングをやっています。

ゲーム業界歴を簡単にまとめると次のようになります。

 

・ゲーム業界歴20年以上

・家庭用ゲーム、スマホゲームの両方で宣伝マーケティング経験あり

・家庭用ゲーム、スマホゲームの両方でゲームプロデューサー経験もあり

・関わってきたゲームタイトルは60タイトル以上

・ゲーム事業に必要なこと全部ご相談、実行できる

 

月商10億円超のスマホゲームから、ハーフミリオンの家庭用ゲームまで、タイトルの始まりから終わりまで全部やってきました。

大手家庭用ゲーム会社、スマホゲーム会社で20年に渡って働いてきましたが

2020年11月に法人化いたしました。会社概要についてはこちらをご覧ください。

踏み込んだ「本物のマーケティング」を提供します

ゲーム業界におけるマーケティングの多くは

「ゲームを売ること、ゲームのインストールを獲得すること」

といった「プロモーション」と混同している傾向があります。

 

しかし、「デジタル広告」「SNS運用」「リアルイベント」「ネット番組」「TVCM」といったプロモーションはあくまでも「マーケティングの一部」に過ぎず、戦略なくして実行しても結果は出せません。

 

マーケティングとは「モノ(=ゲーム)が売れる仕組みを作ること」です

 

 

つまり本当の意味でのマーケティングとは

「モノが売れる仕組みを作ること」であり、プロモーションは「仕組みの一部」に過ぎないのです。

 

マーケティング=モノ(ゲーム)が売れる仕組みをつくること

 

この「仕組み」は次の3つのマーケティングに分解できます。

・つくるマーケティング

・とどけるマーケティング

・とどけつづけるマーケティング

 

これらを整理すると次のようになります。

 

ゲーム業界における「マーケティング」と呼ばれるものの多くは、

2番目の配信フェーズにおける「とどけるマーケティング」と、

3番目の運用フェーズにおける「とどけつづけるマーケティング」ばかりやっているいることに気がつくでしょう。

 

でも、ここで注目して欲しいのは

「とどけるマーケティング」「とどけつづけるマーケティング」の前には「つくるマーケティング」が存在するということです。

 

ゲームの主役はゲームそのものです。

なぜなら、ゲームが面白くて仕方ない、気になっていても経ってもいられないから、ゲームを遊び続けるからです。

 

つまり1番目の開発フェーズにおける「つくるマーケティング」が作れていない状況で、2番目の「とどけるマーケティング」や、3番目の「とどけつづけるマーケティング」を実行しても結果が出ません。

「つくるマーケティング」ができていない状態は「穴が空いたバケツに水を汲み続けているような状態」なのです。

 

 

そして1番目の「つくるマーケティング」でゲーム事業の成功は8割から9割は決まります。

なぜなら、主役はゲームそのものだからです。

 

だからこそ、トロネコはゲームの企画、開発段階から

・どうやったら売れるものが作れるのか

・どうやったらユーザーに届けられるのか

ゲーム開発チームと一緒にひたすら考えます。

なぜなら、ゲーム事業で成功を納めるためには「つくるマーケティング」がいかに大切か、20年のゲーム人生における失敗と成功体験から確信に至ったからです。

 

とはいえ、決してマーケターである私がゲーム開発に口を挟もうとうわけではありません。

あくまでもマーケターとして、マーケティング視点から

・穴の空いたバケツを作らないように

・間違った道に進まないように

進むべき道や、気づいていない選択肢を伝える役割を担うだけです。

でも、これがゲーム事業においては非常に重要なのです。

そして、これによってゲームクリエイターが持っているポテンシャルを最大限に引き出す「つくるマーケティング」ができます。

 

トロネコ自身、家庭用ゲーム、スマホゲームの両方でゲームプロデューサーの経験があります。

マーケターでありながら、ゲーム開発における課題や悩み

陥りがちな落とし穴について、

経験と知識とスキルを元に、事前に予測しながらチームに寄り添うことができます。

 

ゲーム事業においてマーケティングが貢献できる領域はたくさんあります。

ゲーム開発の時間軸に合わせて

「つくるマーケティング」「とどけるマーケティング」「とどけつづけるマーケティング」を分解した「ゲームマーケティング100リスト」も当サイトで公開しています。

 

▼ゲームマーケティング100リスト▼

詳しくは下記の記事をご覧ください。

多くの現場で、プロモーションをマーケティングと誤解している場面に遭遇しますが

ゲーム開発から配信、運営フェーズまで

マーケティングとしてゲーム事業に貢献できることは膨大にあります。

そして、これらはすべて「マーケターがやらなければならないこと」そのものなのです。

 

ゲームマーケティングに圧倒的な強みがあります

ゲームのプロモーションを論理的思考のもと設計し

一方でエンタメとしての面白さも忘れないように感情的側面も維持しつつ

結果にコミットし続けるのはマーケターの役割です。

 

しかし、適切なプロモーションを実行するために必要なのは「マーケティング戦略」の策定であり、ゲーム事業の成功には欠かせません。

 

多くの現場では「マーケティング戦略」の作成が不十分であり

かつ「マーケティング戦略」を作成しても、そのまま更新されず、実質的に活かされていないケースも多く見られます。

マーケティング戦略は「市場」と「タイトル」の状態変化を踏まえて常にアップデートし続けなければ意味がありません。

 

トロネコの場合、具体的には下記のようなプロセスで「マーケティング戦略」を策定します。

チームが進むべき場所、目標、クリアすべき課題を明確にした上で、どうやったらゴールにたどり着けるか「勝機を高める戦い方」を戦略として策定します。

 

限られたリソース(ヒト、モノ、お金、時間、機会)、市場環境、プロダクトの状況下で、どうすれば勝機を見出せるのか?

マーケティング戦略とは、さまざまな制約のなかで「勝機を高める最良の戦い方」を決めることです。

 

下記はトロネコオリジナルの「マーケティング戦略」のサンプルです。

現状のプロダクトと、自社の環境を踏まえた上での最適なマーケティング戦略と、それを実現する施策を設計、実行致します。

 

また、感覚的で進み、進捗管理がしにくい状況を回避するために

現状を管理、把握、分析できるトロネコ独自のツールを使って、設計と実行を行います。ゲームは感情で動かされるエンタメですから、感情的思考も持ちながら、その一方で、論理的思考やプロジェクトの進捗、管理、実行も網羅します。

これらは特別なことではなく、マーケターとして基本的な役割なのです。

マーケティング支援業務について

現在、トロネコは大きくわけで2種類のマーケティング支援を行っています。

ひとつは

「配信前の新規タイトル」「運営中のタイトル」を問わずあらゆるフェーズにおける「マーケティング支援」業務です。

ただの実施検証、プロダクトや施策への改善を含めて「線で繋がり続ける」マーケティング支援を行います。

もうひとつは、

特定人材の能力に過度に依存し「個人商店化」しがちなマーケティングという専門職を、ゲーム開発担当者、新人マーケティング担当、プロジェクトに関わるすべての方が身につけられるよう、「マーケティングの標準化」によってゲーム事業の組織力をアップさせます。

「知識」「ツール」「プロセス」「マインド」といった、4つから構成される「マーケティングの標準化」によって戦えるゲーム会社作りに貢献します。

つまり、ただのマーケティング支援業務で終わらず、

ご一緒に仕事をした後は、御社組織のマーケティングスキルアップを

置き土産として残していくことを目指しています。

ゲーム事業において大切にしていること

ゲーム業界で20年以上にわたって働いてきた中で

トロネコが大切にしていることがあります

 

トロネコは人生をかけて「マーケティングでゲーム業界を変えたい」と真剣に思っています。

「人生をかける」なんて、ちょっと大袈裟に聞こえてしまうかもしれませんが、これは20年以上にわたって数々のゲームクリエイターとの出会いから生まれたトロネコの信念です。

人生をかけてゲーム作りに挑んでいる

才能あるゲームクリエイターが適切に評価され

作りたいゲームを作り続けられる環境を提供したい

と強く願っています。

 

トロネコへのお仕事のご相談

ここまで読んで頂いてトロネコについて興味を持って頂きましたら大変光栄です。

お仕事のご相談をしたい場合はメールにてご連絡ください。

お問い合わせメールアドレス

toro_neko2020@yahoo.co.jp

 

LINEチャットで気軽に相談できる「トロネコのカベウチ」も用意しています。まずは雑談レベルで話をしてみたい!という方はこちらをご利用ください。

 

今回、とりあげた内容に限らず、コンサルティング業務から、スポット的なマーケティング業務までご要望にあわせたお仕事をご相談可能です。

みなさまのご相談おまちしています。