自己分析のフレームワークWill CAN MUSTはもう古いかも【強い意思に基づいたWillが重要です】

キャリア・人生

こんにちは

マーケティングスペシャリストのトロネコです。

今回はゲームマーケティングからやや離れてキャリア、人生についての考え方についてお話します。

「自分はこれからどうなりたいのか?」

そう考えた時、人生、キャリアを客観的に分析するための自己分析のフレームワークとして

Will
CAN
MUST

といったワードを使った方法があるのをご存知ですか?

このフレームワークは転職活動の面接ではかなり使えます。

例えば

Will→弊社への志望動機は?
CAN→スキル的に何が武器なの?
MUST→最低限、何ができるの?

といったように

この3つが整理できていれば、面接官の質問に対する回答に困ることはありません。なぜなら面接官の質問はほぼWill、CAN、MUSTから構成されるからです。

しかし、近年、企業は社員の副業を解禁し、むしろ推奨するようになり、そして終身雇用は完全に崩壊しました。

いままでは当たり前のように考えていた自己分析のフレームワークが時代に合わなくなってきたかも・・・・とトロネコは思うのです。

その結果

これからは「強い意志に基づいたWill」を持っている人が生き残れるかも

という話をしたいと思います。

【目次】

・自己分析のフレームワークとは?

・これまではWillよりもmust、canが重視されてきた

・これからは「強い意志に基づいたwill」 が必要

・「強い意志に基づいたWill」さえ実行できえば楽勝

自己分析のフレームワークとは?

そもそも自己分析のフレームワークとは何なのか?
ご存知がない人もいますので、まずはここから説明していきましょう。

自己分析のフレームワークはWill、CAN、MUSTの3つから構成されます。

結構メジャーなフレームワークらしのですが
すいません、私も最近までこの存在をあまり知りませんでした。

Will→やりたいこと
CAN→いまできること
MUST→最低限やらなければならないこと

この3つで円を描いて重なりあった場所が

自分自身が目指すべき目標になるというわけです。

この円を
・いま
・2020年
・2021年

といったように時間軸で描けると
短期的なビジョンを描く上でのヒントになります。

いまはこんな状態だけど、再来年にはこうなっていたい!
そのために今、何をすればいいのか?

といった自己整理ができるというわけですね

これまではWillよりもMUST、CANが重視されてきた

会社員として会社組織で仕事をしていると、これまでは

Will→やりたいこと

よりも

CAN→できること
MUST→最低限やらなければならないこと

を最優先で考えるよう上司からは指摘されてきました。

組織の一員として、会社に貢献するためには

本人の意志よりも、CAN=いまできること、MUST=最低限できること

をやることが重要とされてきたわけです。
なぜなら、従業員のCANとMUSTを結集することが「組織力で結果を出す」という目的においては達成確率が高いからです。

しかし、企業が社員に対して積極的に副業を推奨し
あのトヨタが終身雇用は保証できないと宣言する世の中は、

企業側からすれば

「これからもCAN、MUSTを頑張って欲しいな。でも、これからアナタの人生は会社としては保証できないよ」

と言っているようなものです。

保証がなくなった時点で、我々は会社だけに頼らず生きていくしかなくなるのですが、これまで通り、CAN、MUSTだけをやっているだけでは、生き残れないのは明らかです。

なぜなら、CAN、MUSTってどちらかというと会社視点で作られたフレームワークであって、会社に属しているからこそ使えたスキルだと考えるからです。

Willは成長するためのモチベーションになるものであり、保証がなくなってしまった以上、常に成長し続けなければ生き残れないからです。

これからは「強い意志に基づいたwill」 が必要

副業解禁、終身雇用崩壊によって何が起こるのかというと
我々、会社員は、期間限定で仕事を受けている個人事業主みたいな
存在に今後変わっていくと思います。

個人事業主は保証もなく、常に競争にさらされているわけですから
CANやMUSTだけでは仕事を獲得し続けることはできず、常に成長し続けて価値を出さなければ雇ってもらえません。つまり

「強い意志に基づいたWill」がなければ成長していけません。

だから、会社員にもWillが重要になってくるわけですが
そういう話をすると、上司はそれでもまだ顔をしかめてこう言います。

「会社員なのだから、意志よりもできることを黙ってやれ」
「まずはそれをやってからだ」

この時点で、この上司は時代に取り残されていると思いますが、それは置いておくとして、強い意志を持ったwillがこれからの世界を切り開いていくのは間違いありません。

わかりやすい例としてはYouTuberがあげられます。

できること、最低限やらなければならないことよりも、

やりたいことを最優先で考え

やりたいことを実現する上で自らの能力で不足している

CANやMUSTをWillを突き通す中で学び身につけています。

2014年に放送されたYoutubeのTVCMでも話題になった

「好きなことで生きていく」

はまさに強い意志を持ったWillで生きていくこと、そのものを表現しています。

好きなことで、生きていく – YouTube

もう6年前にYoutubeは自己分析のフレームワークが時代に合わなくなっていることを知っていたわけです。

今となっては日本を代表するトップYouTuberになったHIKAKINさんでさえ、
2007年に初めて投稿した動画は今からは想像がつかないほどの映像でした。

HIKAKIN Beatbox

しかしCANやMSUTを無視して Willを突き通したことが、
今の成功に繋がっているのは明らかです。

とはいえ会社員がすぐにダメになるというわけではありません。

しかし、現状に満足して、ただ会社のために働いているだけでは、もう生き残れない時代になった

という危機感は持っておくべきです

転職、起業ばかりを推奨するわけではありませんが、その選択肢を全く考えないで、毎日を生きている状態は人生においてリスキーです。

「強い意志に基づいたWill」さえ実行できえば楽勝

極端な例をあげると、世の中の殆どの人、99%以上の人が考えたことを実行できません。

ブログをやりたいな→書かない
Youtuberになりたいな→動画をつくらない

仮にブログを書いたとしても、続けることができるのはごく一部です。
なので、強い意志に基づいたWillが実行できれば
残り1%の中での戦いに過ぎないので楽勝だったりします。

また、強い意志に基づいたWillを持っている人でも
その使い方を間違えている人が多いです。

イメージしやすい例として英会話があります。

・海外旅行に行きたいから英会話を学ぶ
・外資の会社で働きたいから英会話を学ぶ

これは従来のCANを重視した考え方です。
まずは、出来る状態(CAN)を作ってから取り組もうという話です。

しかし、これではいつまでたっても、海外旅行にも行けないし、外資でも働けません。とにかく時間がかかりすぎます。

現時点で十分なCANがなくても強い意志に基づいたWillでチャレンジしてみるのが良いと思います。

・英会話はできないけど、すぐにチケットを取って海外に行ってみる
・英会話はできないけど外資に転職エントリーしてみる

その結果、自分に足りないものが実体験として理解できます。実体験というのは非常にインパクトがあるもので、人に言われるよりも何十倍もの価値があります。そして自らの意思で自分に足りない部分を補うアクションに着手しやすい「きっかけ」も作れます。

武器を作ってから戦うよりも、武器を拾いながら戦った方が成長スピードも早いですし、成功確率もアップします。

まさに動画制作のCANがなくても、動画投稿を始めたHIKAKINさんと同じです。

まとめ

繰り返しになってしまいますが、これからは

「強い意思に基づいたWill」を示すことで

その後の人生を変えられるチャンスだと思っています。

トロネコもこの当サイトでアウトプットし続けて、日本からゲーム業界を元気にしたい!というのは「強い意思に基づいたWill」だったりします。

ぜひ、CAN、MUSTに縛られることなく、自分がやりたいWillにチャレンジしてください。

タイトルとURLをコピーしました