【独立起業・転職の準備におすすめ】会社設立のビジネスモデルや人生キャリア整理分析シート

キャリア・人生
スポンサーリンク

「現在の仕事を頑張りたい人」や「ゲームタイトルの現状整理」にも転用できます

こんにちは

マーケテイングスペシャリストのトロネコです。

ゲーム業界では転職する人も多いのですが、起業する人も結構多い業界です。

そこで今回は転職や起業をするときに使える

トロネコオリジナルの自己分析シートについてご紹介します。

これからお話する項目を半分以上、埋めることができれば

転職、起業にあたって非常に頭の中が整理されている状態であり

転職や、起業した後から何をするべきかわかるようになります。

 

そして転職や起業をする予定がなく

いまの仕事で頑張っている人、これからやりたいことがある人

そんな人にも、このシートを使うことで不足している部分を明確にすることができます。

ゲーム業界に限らず、あらゆる業界で使えるので

ぜひ一度、各項目を考えながら記入してみてください。

 

今回は次の4つのシートを用意しましたので、皆さんの現状に近いものを選んでみてください。

・【転職する前におすすめ】自己分析整理シート

・【起業する前におすすめ】会社設立整理シート

・【現職で頑張りたい人におすすめ】キャリア整理シート

記事の後半ではサンプルとして、トロネコ自身が書いた診断シートも載せていますので書き方の参考にしてみてください。

また記事の最後には

・【ゲームタイトルにもおすすめ】現状分析シート

という形での使い方も解説しています。

【転職する前におすすめ】自己分析整理シート

①どの業界で通用するスキルを持っているのか

 

 

②いつから転職したいのか

 

 

③どんな会社、業種に転職したいのか

 

 

④何を転職先の会社に対して提供できるのか

 

 

⑤どの順番で提供するのか

 

 

⑥どうやって提供するのか

 

 

⑦年収は幾らで提供するのか

 

 

⑧なぜ自分自身は転職先の会社にとって必要なのか

 

 

【おすすめ記事】【年齢/目的別】おすすめ転職サイトや転職エージェント

 

【起業する前におすすめ】会社設立整理シート

①誰向けのサービスなのか

 

 

②いつサービスを提供するか

 

 

③どこでサービスを提供するのか

 

 

④何を提供するのか

 

 

⑤どの順番で提供するのか

 

 

⑥どうやって提供するのか

 

 

⑦いくらで提供するのか

 

 

⑧なぜそのサービスは必要なのか(世の中で価値があるのか)

 

 

【現職で頑張りたい人におすすめ】キャリア整理シート

①いまどんな通用するスキルを持っているのか

 

 

②いつまでこの仕事をしたいのか

 

 

③いまの会社でどのようになりたいのか

 

 

④いまの仕事を通して会社に対して提供できるのか

 

 

⑤どんな順番で提供するのか

 

 

⑥どうやって提供するのか

 

 

⑦現在の年収は適正か、それとも不適正か

 

 

⑧なぜ自分自身はいまの会社にとって必要なのか(存在価値があるのか?)

 

 

診断チェックをしよう

さて、いくつの項目を埋めることができましたか?

多くの人が1/3も埋められなかったかもしれません。

それ自体は特に問題があるわけではなく、埋められない箇所があったら、時間をかけて考えてみることが重要です。

もし半分以上、埋められた人がいるなら、かなり頭の中が整理されている状態だと言えます。

また全部、埋められた人でも、頭の中で納得して埋められているかが重要です。もし納得できない状態でしたら、その項目を時間をかけて考えてみてください。

トロネコの場合「会社設立診断シート」を使ったケース

参考までにトロネコのケースを書いておきましょう。

トロネコは現在、会社設立に向けて準備中ですので、「会社設立診断シート」を使って項目を埋めてみました。

マーケティングを中心にした事業になりますので、それを踏まえて整理してみました。

①誰向けのサービスなのか

・国内海外問わずゲーム会社(パブリッシャー、デベロッパー)

・もしくはエンターテイメント系コンテンツ事業者

②いつサービスを提供するか

・ゲームの企画段階の「つくるマーケティング」から、発売までの「とどけるマーケティング」から、発売後の「とどけつづけるマーケティング」において提供する

③どこでサービスを提供するのか

・ゲームやエンタメ事業のマーケティングにおける場所すべて(オンライン、オフライン)

④何を提供するのか

・ゲーム、エンタメ事業においてマーケティングがかかわる領域において、具体的には「トロネコのゲームマーケティング100リスト」に書いてある項目すべて

⑤どの順番で提供するのか

・プロジェクト初期から関わる場合は「トロネコのゲームマーケティング100リスト」に書いてある時系列に沿って提供

・クライアントのフェーズにあわせて順番をカスタマイズして提供も行う

⑥どうやって提供するのか

・「つくるマーケティング」「とどけるマーケティング」「とどけつづけるマーケティング」を持って提供する(参考記事

・戦略、戦術レベルから、具体的な施策設計、施策実行を通して提供する

⑦いくらで提供するのか

・クライアントの課題解決、状態を踏まえて提供価格や実施工数は調整する

・月額の定額価格、もしくはスポットによる単体価格で提供する

⑧なぜそのサービスは必要なのか(世の中で価値があるのか)

・マーケティングで、もっとゲーム業界は変えられるから

・市場状況の変化と共に、今後、マーケティングの需要はさらに高まるから

こんな感じで埋めていくことで、

いまの現状、これからやりたいこと、成し遂げたいことを整理することができます。

下記の記事で「Will」「CAN」「MUST」の話をしましたが、今回の診断シートはこれと一緒に考えてみるのがおすすめです。

転職、起業、現状の仕事や、いまやっていることに対する整理をする上で使えますし、自分自身と向き合うことで、いまやっていること、これからやろうとしていることが本当に嘘偽りない「本音」なのか、自己診断することができます。

【参考記事】自己分析のフレームワークWill CAN MUSTはもう古いかも【強い意思に基づいたWillが重要です】

 

まとめ

実は今回の診断シートは「ゲーム事業を整理するシート」としても使えます。

過去記事でマーケティング戦略を誰でも作れるフレームワークについて解説した記事がありました。

【参考記事】【保存版】ゲーム事業におけるマーケティング戦略のつくり方(フレームワークを使った立案方法)

このフレームワークに沿っていけば、誰でもマーケティング戦略を作ることができますが、それでも難しく感じてしまう人が多いと思います。

そこで今回の診断シートを、マーケティング戦略の作成向けにカスタマイズしてみましょう。

これを埋めていくことで、マーケティング戦略を作る上での「状況整理」ができますし、もし埋められない部分が出てきたら、そこにこそ、不足している課題の存在がわかるという仕組みです。

 

①誰向けのゲームなのか(ターゲットユーザーやペルソナ分析)

 

 

②いつサービスを提供するか(市場トレンドの状況把握)

 

 

③どこでサービスを提供するのか(スマホ、家庭用、ブラウザ)

 

 

④何を提供するのか(ゲーム内容、ジャンル、面白さ、セールスポイント)

 

 

⑤どの順番で提供するのか(配信初動の実装コンテンツ、ゲーム運営計画)

 

 

⑥どうやって提供するのか(ゲームの遊び方、見せ方)

 

 

⑦いくらで提供するのか(無料か、売り切りか、マネタイズ方法と課金メニュー)

 

 

⑧なぜそのゲームは必要なのか(このゲームの存在価値と選ばれる理由は?)

 

 

いくつ項目を埋められましたか?

全部埋められても、マーケティング戦略が作れるわけではありませんが、適切に埋められない箇所があるなら、そこは議論が足りていないのか、そもそも考えられていない部分になるため、このままでは市場に出しても戦えない可能性がありそうです。

シート自体は10分もかからずに埋めることができると思いますので

ちょっとした空き時間に試してみてください。

というわけで、今回はここまで!