家庭用ゲーム会社からスマホゲーム会社に転職して学んだ5つのこと|成長スキルアップの方法

ゲーム業界
スポンサーリンク

圧倒的な成長をしたいならスマホゲーム会社への転職はおすすめ

こんにちは
トロネコです。

ゲーム業界20年、家庭用ゲームとスマホゲームの両方で経験があります。

20年のキャリアはすべてマーケターなのですが、並行してゲーム開発の経験もスマホ、家庭用ゲーム両方であります。

20年を通して、家庭用ゲーム会社でも多くの事を学びましたが、それ以上にスマホゲーム会社では多くの学びがありました。

そこで今回はトロネコが家庭用ゲーム会社からスマホゲーム会社に転職した際に学んだ5つのことについてお話したいと思います。

 

先に結論をお伝えすると

「もし、あなたがスマホゲームに興味がなく、ずっと家庭用ゲーム業界で働きたいと思っても、

一度はスマホゲーム会社で働くべきです。

なぜなら、そこで学んだことは家庭用ゲームにも役立つからです」

 

無理にスマホゲーム会社に転職しなくても、いま働いているゲーム会社内でスマホゲーム事業部門があるなら社内異動で働いてみるのも良いかもしれません。

きっと価値ある経験になるはずです。

 

ちなみにこれからお話するスマホゲーム会社で学んだ5つのことは、必ずしもすべてのスマホゲーム会社に当てはまるものではありません。

スマホゲーム会社によっても「バラツキ」はあるので、あくまでも参考程度でお聞きください。

家庭用ゲーム会社からスマホゲーム会社に転職して学んだ5つのこと

①「論理的思考力」が鍛えられる

最初にお伝えすると、ゲームマーケティング、ゲーム開発においては「論理的思考」は必ずプラスにならない場合もあります

(むしろ、論理的思考力がゲーム開発を邪魔してしまい、つまらないゲームを作ってしまう場合もあります)

 

しかし、原則として「論理的思考力」は人生において大きな武器になります。

なぜなら「論理的思考力」を身につけると、失敗する確率を下げることができるからです。

 

トロネコも長年、家庭用ゲーム業界で働いてきましたが、家庭用ゲーム業界では「論理的思考力」がみにつきにくいかもしれません。

それは家庭用ゲームとは、仮説に対する実行が「ゲームの発売日」にほぼ集約される商材である一方で、スマホゲームは「ゲームの配信日」はあくまでもスタートに過ぎず、それ以降、毎日、仮説に対する実行を繰り返すことができるからです。

 

仮説に対する実行

実行による結果からの反省からの、新たな仮説

新たな仮説に対する実行

といった繰り返しによって「論理的思考力」は鍛えられます。

家庭用ゲームに比べて、圧倒的にPDCAサイクルが早く、かつ繰り返し行うスマホゲーム会社で働くと「論理的思考力」が徹底的に鍛えられ流のです。これは家庭用ゲーム会社では身につきにくいスキルです。

 

家庭用ゲームで働いていると、全てがそうとが断言しませんが

「なんとなくいいかな、と思ったのでその施策を実行した」

といった事が現場ではよくみられます。

でも、これは全然ダメで

「なぜ、そう思ったのか、その理由は何か?」

という「論理的思考力」が必要なのですが、この「論理的思考力」がスマホゲーム業界では徹底的に鍛えられます。

 

実行した施策が仮に間違っていても、「なぜそう思ったのか」が重要で理由なき思いつきの行動はダメであることを学ぶことができるのです。

そして、論理的思考力が鍛えられた後は 「なぜそう思ったのか」では終わらずアウトプットの質についても求められるようになります。

家庭用ゲーム業界でも「論理的思考力」が全くないわけではありません。しかし、掘り下げる深さが家庭用ゲームとスマホゲーム会社では圧倒的に違いがあります。

家庭用ゲーム会社からスマホゲーム会社に転職してきた多くの人が、最初にこの「論理的思考力」という、これまで体験したことがない状況にカルチャーショックを受けます。

しかし、ここを突破できると、その後の人生における財産になる「論理的思考力」を得ることができます。

 

もちろんゲームとは

数字やロジックだけで語れない、人間の感情を動かし共感によって支えられるプロダクトです。よって、必ずしも「論理的思考力」が絶対的な武器になりえるとは断言できません。

ただし、持っているとマーケター、ゲーム開発者ともに視野が圧倒的に広がるのは間違いありません。

そして、論理的思考が身につくと、大きな失敗を回避できる能力も同時に身につくため、ゲーム事業における「成功打率」が大きくアップします。

 

②数字に強くなる

数学者のイラスト

家庭用ゲームで数字周りの計算をする場面って
「ゲーム開発なら開発費とか、予算取り」「マーケターなら施策ごとの予算管理」程度かかもしれません。

かけたコストに対して、どれだけの効果があって、かけたコストが適切だったのか、といった振り返りも、家庭用ゲーム発売後に行う場合もありますが、スマホゲームに比べると、家庭用ゲームの場合は圧倒的に数字に対する接触機会が少ないのです。

・家庭用ゲームは発売前と発売後に数字と向き合う機会がありますが

・スマホゲームは配信前から配信直後、運営フェーズまで永遠に数字と向き合います。特に配信後は毎日数字との戦いが待っています。

 

理由は家庭用ゲームが「売り切り型」の商品であることに対して、スマホゲームは「運用型」の商品だからです。

スマホゲーム会社の場合は「開発」も「マーケター」も、始まりから終わりまで毎日数字と向き合う生活が続くので、数字から解放される瞬間がありません。

さらに、スマホゲームの場合は会社の事業計画の元になる数字を、開発とマーケターがゼロから論理的に組み立てて作らなければならず、

さらに作った数字に対して理由も並べて論理的に説明できる必要があります。

スマホゲームには当たり前に存在するKPI指標も、家庭用ゲーム業界ではあまり使われません。

 

よって家庭用ゲーム会社からスマホゲーム会社に転職してきた多くのマーケター、ゲーム開発者はまず最初に「数字」に苦しみます。

しかし、スマホゲーム会社で働くことで結果的に数字に強くなれます。

 

どのくらい強くなれるかというと

「ゲームジャンルは?」「ターゲットユーザーは?」「ゲームのプレイサイクルは?」

といった情報を入手しただけで、そのゲームのKPIがイメージできるようになります。

 

③ゲーム開発チームとの距離が近く、ゲーム事業の本質に踏み込める

家庭用ゲームの場合は「ゲーム開発部門が作ったゲームをマーケティング部門が売る」といったようにゲーム開発と売る現場が分断されているケースが多いです。

つまり、トロネコが提唱している「つくるマーケティング」ができていないケースが多いのです。

(これは、トロネコは変えていかなければならないと思っています)

 

一方で、スマホゲーム会社の場合は、今日やった「ゲーム開発」「プロモ施策」が明日の売上やDAUといったKPIで即時可視化されます。

結果がすぐに出てしまうゆえに、家庭用ゲームよりも、スマホゲームの方が自然と開発とマーケターの距離は非常に近く、マーケターはゲーム開発に踏み込んだ仕事を求められます。

(全てのスマホゲーム事業を行う会社がゲーム開発とマーケの距離が近いわけではなく、分断されているケースも多いですが、家庭用ゲーム会社と比べれば距離感は近いといえるでしょう)

 

もちろん、距離が近くても実際にゲーム開発に踏み込めるかはゲーム会社によりますし、個人のスキルや行動力に依存します。

しかし、家庭用ゲーム会社ではあまりなかった、ゲーム開発、運営に踏み込んだ経験をスマホゲーム会社ではできますので、そこから多くのことを学ぶことができます。

 

なぜなら、ゲームマーケティングの本質は「つくるマーケティング」に踏み込めるか?にかかっており

ゲーム事業の成功失敗の80%以上は「つくるマーケティング」ができるか?で決まるからです。

つくるマーケティングとは、下記の「開発フェーズ」における部分であり、ゲームマーケターはここに踏み込む必要があります。

こちらの表も踏まえて下記の記事で解説していますので、時間がある時にでも読んでみてください。

 

④スマホゲームは家庭用ゲームとは事業スピードが全く違う

家庭用ゲームは、ゲーム発売日まで勝負であり、ゲーム発売日に向けて何年もかけて積み上げていきます。

つまりゲームの発売日がその事業のとりあえずのゴールというわけです

一方でスマホゲームは、アプリ配信後が本番で毎日、配信日から終わらない戦いが始まります。

しかも家庭用ゲームと違って、ゲーム開発、マーケティングでやったことが即日数字で結果が可視化されます。

結果として圧倒的に事業としてのスピードが違います。

家庭用ゲーム会社からスマホゲーム会社に転職してくると、まずこのスピード感に面を食らう人が多いのです。

ちょっと大袈裟に聞こえるかもしれませんが、例えるなら家庭用ゲーム会社では40キロ制限の一般道路を走っていたのに、スマホゲーム会社に転職してくると、いきなりサーキットで走るくらいのギャップがあります。

このスピード感に慣れるとスキル的な成長もできますが、何よりも「ストレス耐性」「対応能力」があがります。

いろいろなトラブルや問題が発生するけど、悩んで立ち止まっている時間はなく、すぐに判断して解決策を考えなければならないのがスマホゲームの世界です。

よって、どんな事にも対処できる「ストレス耐性」や「対応力」が鍛えらるというわけです。

 

(このストレス耐性の程度はスマホゲーム会社によって異なるので全てが今回お話したような状況ではありませんが、家庭用ゲームよりもスマホゲーム業界の方がストレス耐性が鍛えられると思います)

正直なところ、家庭用ゲームからスマホゲーム会社に転職してきたばかりの人は、入った直後は、この「ストレス耐性」が結構しんどいかもしれません。

とはいえ、スマホゲーム会社のスピード感も結局は「慣れの問題」なので慣れちゃえばどうでもなく感じるかもしれません。

しかし、ここに慣れずに辞めていく人が多い業界でもあります。

「慣れ」こそが、自分自身が成長した現れてもあります!

 

⑤PDCAが高速でまわせて急速に成長できる

成長期のイラスト

ゲーム業界20年のキャリアの中でトロネコは家庭用ゲーム会社と、スマホゲーム会社の両方を経験してきましたが

家庭用ゲーム会社における1年は、スマホゲーム会社なら3か月くらいの感覚です。(これは大袈裟ではなく本当です)

理由は事業の結果ができるスピードが違うので、結果をもとにPDCAを高速でまわせるため、それだけの学びや経験ができ圧倒的高速で成長できるというわけです

※PDCA(P:Plan D:Do C:Check A:Action)

これはスマホゲーム業界だけでなく、IT系でも言えることですね。

家庭用ゲームは例えば2年かけてゲームを開発したとしても発売日を迎えるまで結果が出ません。つまり発売日のタイミングでPDが完了するわけです。

(そもそも、家庭用ゲームの場合はPDで終わっていて、CAが存在しない可能性もあるのですが・・・)

 

しかしスマホゲームは仮に2年かけて開発して発売日で既にPDCAがまわっている場合もあります。そして配信日以降、毎日PDCAを回し続けていくことになります。

それをサービスが終わるまで永遠に繰り返していくため、PDCAの回数が家庭用ゲームよりも圧倒的に多いのです。

 

まとめ

今回、トロネコが実際に学んだ「家庭用ゲーム会社からスマホゲーム会社に転職して学んだ5つのこと」についてお話しました。

もし、これを読んでいる皆さんがスマホゲームに全く興味がなくてもスマホゲーム会社で働く事には大きなメリットがあります。

別に転職しなくても、自社内にスマホゲーム事業部があるならそこで少しだけ仕事をしてみるだけの価値はあります。

(転職、異動しなくても家庭用とスマホゲームの両方を並行してやらせてもらえるなら、それでも圧倒的に成長します)

でも長い間、家庭用ゲームの仕事をしていると、そこからスマホゲーム業界に異動するのは

つくりたいゲームが作れなくなる

やりたい仕事ができなくなるような気がするので

気が進まないなぁ・・・

こんな感じがするかもしれません

 

これは、私もそう感じた瞬間がありました。

でも、家庭用ゲームの話に限ったことではなく、同じ環境で同じことの繰り返しをしていると成長スピードが鈍化します。これは間違いありません。

そして家庭用ゲーム会社からスマホゲーム会社への転職は正直なところ、人によって向き不向きがあります。

でも、トロネコは実際にスマホゲームも経験したことで、こうやってメディアを通して情報のアウトプットができるようになりました。これは、経験や知識を言語化して伝えられる「論理的思考力」がスマホゲーム会社での経験を通して鍛え抜かれたからです。

だからこそ、年齢を重ねても成長をし続けたいと思うならば

家庭用ゲーム、スマホゲームの両方を経験することをおすすめします。

 

今回の記事を読んでみて

「スマホゲーム業界への転職を検討したいな」と思った人は下記の記事もおすすめです。