音楽アーティスト・ミュージシャンを売り込むためのマーケティング設計方法【マーケ戦略をつくるトレーニング】

マーケティング

こんにちは

マーケティングスペシャリストのトロネコです。

そういえばちょっと前の話ですが、

とあるレコード会社に所属するミュージシャンの担当の方からこんな相談を受けました。

簡単にまとめるとこんな感じです。

・いつか武道館でライブをやりたい

・でも武道館の収容人数14,471人に対して現在のTwitterフォロワー数は全く足りない

・いろいろ試しているけどどれもうまくいかない

・音楽性はマス受けではなく、ニッチ受けである

・これから、どうすればいいのかヒントを欲しい

 

ということでした。

この相談に対してトロネコは困ってしまいました。

 

なぜならマーケティング視点では

「なぜ武道館でライブをやりたいのか?」→目的

「Twitterフォロワー数を増やせば武道館に行けるのか」→目標

「いろいろ試してみたというけど、何がダメだったのか」→課題

といったものが不透明だからです。

つまり、このアーティストを売り出すための戦略がよくわからない状態だったのです。

 

でも戦略がない状態ではHOW思考になりがちですし、HOW思考だといつまでたっても結果がでにくいです。成長できないので、先に進めないというのもあります。

なぜ、HOW思考で作られたプロモーション施策は結果がでにくいのか?【マーケティング戦略が重要です】

 

そこで、今回はゲームからちょっと離れて、

ミュージシャンを売り出すマーケター視点で「戦略の組み立て方」を作ってみたいと思います。

結局のところ、このミュージシャンから十分なヒアリングできずに終わってしまったので明確な戦略は出せないのですが、今回は「考え方」について書いてみました。

今回の記事を読みながら

ちょっとしたマーケティング戦略の作り方トレーニングの方法を身につけてください。

 

マーケティング戦略の作り方は下記でも説明していますので、合わせて読んでください。

【基本編】マーケティング戦略のつくり方【汎用性の高いフレームワークをご紹介】

ちなみにあくまでも考え方の話であって、今回書いてある方法がこのミュージシャンを売るための戦略とはならないです。

もし戦略→施策まで落とし込みたいレコード会社関係者様がいたら是非お気軽にご相談くださいね。

スポンサーリンク

マーケティング戦略における「目的」

目的とは

「武道館でライブをやること」ではないはずです。

なぜなら「武道館でライブをやること」は

その結果、達成したい叶えたい何かしら別のことがあると思われます。

たぶんそれが「目的」なのです。

 

と考えると、「武道館でライブをやること」はそれ自体が「目的」ではなく、「武道館でライブをやること」は「目的」を達成するための「目標」であり

 

目標の中でも「定性目標(数値化できない目標のこと)」だと言えます。

※なんか複雑でわかりにくくなってきましたが、そういうことです。

 

と考えると

マーケティング戦略を作成するためには、このミュージシャンの本当の「目的」を明確にする必要があります。

 

例えば「目的」について、こんな設定をしてみましょう

自分たちの音楽を通してファンの人生を救いたい

 

うーん、まだ目的としては不足気味ですね。

「救いたい」相手の性別年齢、国籍など明確にするとさらに「目的」が鮮明になります。

 

例えば「目的」を

「音楽を通して悩める20代、世界すべての男性を救いたい」

「まずはアジアから救っていきたい」

という粒度まで設定できるならば、より目的が鮮明になりますね。

目的が鮮明になればなるほど

その後の「目標」も鮮明で具体的なものを設定できるようになります。

マーケティング戦略における「目標」

「音楽を通して悩める20代、世界すべての男性を救いたい」

「まずはアジアから救っていきたい」

ということを「目的」に設定したなら

その目的を達成できる数値「目標」はいろいろなものが考えられそうですが

 

仮にTwitter、インスタグラム、Youtubeチャンネル登録者に設定するとしても、登録数だけでなく登録者の年代、国別なども「目標」設定に入ってきそうです。

なぜなら目的を

「音楽を通して悩める20代、世界すべての男性を救いたい」

「まずはアジアから救っていきたい」

と設定したからです。

 

この時点で「武道館でライブをやること」は「目的」を達成するためのひとつの要素だけど、それでは「目的」達成できないということもわかります。

武道館で20代男性限定ライブをやっても日本の若者しか救えないですから。

 

段階的に目標設定するとして、とりあえずここでは

・100万人のTwitterフォロワーを獲得する

・ただしアジア地域の20代男性から満遍なくフォローしてもらう

ということを仮で設定してみましょう

あくまでも考え方を学ぶのが今回の目的なので、この数字はダミーです。

マーケティング戦略における「課題」

続いて「目標」を達成するための「課題」になるものを出していきます。

 

ここで課題になるのは

アジア、20代男性という設定をしたことで

「言語、文化、時差などによる問題」

「異なる国による20代男性に共感できるテーマの違い問題」

「Twitterの存在を知るきっかけ問題」

など、

twitterを知り、フォローしてもらい、エンゲージメントを高め

結果的に音楽を聴いてファンになってもらうという

目的を達成する上での課題がいろいろ出てくるはずです。

この課題をとにかく出し切る必要があります。

 

マーケティング戦略における「戦略」

課題が見えてくると

課題を解決するための「戦略」も見えてきます。

 

下記を課題にしましたので

「言語、文化、時差などによる問題」

「異なる国による20代男性に共感できるテーマの違い問題」

「Twitterの存在を知るきっかけ問題」

 

下記のような戦略イメージが見えてきますね

・言語に依存しない、視覚による共感を考慮する

・日本の文化の影響力が高いアジア地域に振り切ってまず攻める

・日本文化の中でも20代に刺さるモチーフを盛り込む

・振り切ったアジア地域でTwitterによる露出を稼ぐ

 

 

これら戦略になりそうな要素をまとめると

次のようなマーケティング戦略がつくれそうです。

「日本文化で共感を獲得できるタイ、台湾から着手

 20代に訴求力がある日本アニメとコラボをした映像楽曲で

 Twitterを発信媒体として振り切って展開して

 アジアの20代男性にムーブメントをつくる」

(繰り返しですがこの戦略が正しいとかは別で、今回は考え方の話ですよ)

 

こんな感じで戦略が作れるようにトレーニングしていきましょう。

実際には今回の掘り下げ内容は全然不十分ですので、もっとミュージシャンからヒアリングが必要です。

ただし迷っても下記に書いたフレームワークにそって作ればマーケティング戦略を作り上げることができますので、ぜひ活用してみてください。

【基本編】マーケティング戦略のつくり方【汎用性の高いフレームワークをご紹介】

マーケティング戦略から導き出す「施策案」

戦略が決まると、あとはそれを達成する施策案を考えるだけです。

ここからは柔軟なアイディア出しが重要になりますが、戦略が決まっていればブレることもなく、まとめられます。

まとめ

というわけで

今回はミュージシャンの例を踏まえて、マーケティング戦略の作り方を実践的なテーマで作ってみました。

つまりマーケティングスキルが身につくと、それってゲームだけでなく様々な分野でも使えます。

むしろ当サイトでもご紹介しているように

ゲームマーケティングほど緻密に数字を追いかけて設計しているようなものは他の業界では無いので、横展開するだけでも価値を出せます。

というわけで今回はここまで!

 

こちらの記事もおすすめです

【徹底解説】マーケティング視点で考えるヒットする楽曲のつくり方

タイトルとURLをコピーしました