「マーケティングの定義とは?」すぐに答えられますか【一言で簡単にわかりやすく解説】

マーケティング

こんにちは

マーケティングスペシャリストのトロネコです。

今回は何度聞いても「よくわからない」という人が多い「マーケティングの定義」について、一言で簡単にわかりやすく説明してみたいと思います。

 

もし、みなさんが上司、部下、クライアントから

「マーケティングとは何ですか?一言で説明してください」

と聞かれたら皆さんはどう説明しますか?

 

多くの場合で、簡潔に説明できず曖昧な回答になってしまったりしませんか?もし、適切に説明できたとしても相手を納得させることができなかったりしませんか?

そのくらい、マーケティングの定義については

「これが正しい」といったカチッと決まったものが存在せず、マーケタ―の人数だけ「マーケティングの定義」が存在するような気がします。

 

そして「マーケティングの定義」について語られる多くのケースにおいてマーケティングとは

「戦略」「戦術」「市場調査」「プロモーション施策」「PR」「広告」

みたいな話が出てくるのですが、これも「マーケティングの定義」を適切に表現していません。

このような「回答」が出てくる時点で、我々はマーケテイングについて理解が不足しているのです。

今回、この記事を読めば「マーケティングの定義について一言でシンプルに話せる」ようになります。

ちなみに今回の記事はマーケティング初心者でもわかりやすく最短距離で「マーケティングの定義」について答えを出す事を目的としています。よってマーケティング初心者にとっておすすめの内容になっています。

もし、既にマーケティングの仕事を専門的にやっていて、さらにマーケティングの定義について理解を深めたいという人はこちらの記事をスキップして下記の記事を読み進めてください。

【宣伝マーケター必読】ゲーム業界におけるマーケティングの定義とは?

ゲーム業界でよくある間違ったマーケティングの定義

トロネコは20年間ゲーム業界で働いてきましたが、業界的にもマーケティングについてまだまだ理解が不足しています。これはもう紛れもない事実であり、トロネコ的にはなんとかしなくてはならないと思いながら、この記事を書いています。

まずは、ゲーム業界でよくある「マーケティングの定義の間違い」についてお話しましょう。

①マーケティングとはプロモーションである

「マーケティング=プロモーション」

と考えている人は非常に多いです。むしろほとんどの人がマーケティングとはプロモーションと考えていると断言してもいいほどです。

・広告を投下すること

・キャンペーンを実施すること

・SNS運用すること

あらゆる施策=プロモーション施策=マーケティングと考えて語られがちです。ゲーム会社の中の人、ゲーム会社の外の人、マーケティング事業を専門にしている会社の人、多くのケースで「プロモーション施策=マーケティング」と考えらているケースに出会います。しかし、これは断言しますが間違いです。

プロモーションはマーケティングではありません。プロモーションはマーケティングの一部を担うパーツでありますが、マーケティングそのものではないのです。

 

②マーケティングとは数字を作ることである

マーケティングとは数字を作ることであり、数字を作る事がマーケター、マーケティング部門の仕事である

といった理解もゲーム会社内部には根強く存在します。

簡単な表にすると以下の通りになります。

ゲーム会社内部 マーケティング=プロモーション施策

マーケティング=数字をつくること(売り上げ、新規ユーザー、既存ユーザー、離脱ユーザーの復帰、それらによって構成されるDAU、WAU、MAUといった数値)

ゲーム会社外部 マーケティング=プロモーション施策

ゲーム会社内部は「マーケティング=プロモーション施策」という考え方と、「マーケティング=数字をつくること」といった認識が混在しています。

ゲーム会社外部とはプロモーションやマーケティングを専業としている会社をここでは指しますがゲーム会社の数字にはコミットせず、プロモーション施策そのものがマーケティングと考えがちです。

(ゲーム会社の数字にコミットできる外部マーケティング会社が存在するなら、喉の奥から欲しい、お付き合いしたい、お仕事したいです!ちょっと話がそれました・・・)

マーケティング部門は目標DAUを達成するために広告や施策で1万人の新規ユーザーを獲得すること!これがマーケティング部門の役割です!

みたいな話がゲーム会社の事業責任者から語られるケースが多いのですが、数字を獲得する行為自体はマーケティングではありません。

数字を獲得することはマーケティングにおいて「目標達成のための状態把握」として重要な役割を担いますが、その瞬間や限られた期間に施策を投下してユーザーを獲得することは、マーケティング活動の一部ではあるけど、本質ではないのです。

③マーケティングとはHOW思考の集合体である

マーケティングとは「数字」「プロモーション」である

と言っている場合はまだ軽傷ですが、とりあえず施策を並べて実施するアイディアマン状態(トロネコはこれをHOW思考といっています)に陥っている状態はかなり重症でして、これらHOW思考の集合体をマーケティングと呼んでいる人もいます。

トロネコは20年間ゲーム業界でマーケターの経験がありますが、このHOW思考は2000年代初頭におけるゲーム会社のマーケティング部門の状態に似ています。(トロネコも新人時代はHOW思考の塊でしたから)

なぜ、HOW思考で作られたプロモーション施策は結果がでにくいのか?【マーケティング戦略が重要です】

でも、HOW思考は「質」ではなく「アイディアの数」で勝負する考え方なので非常に成功確率が低く、かつ成功体験を他のタイトルに横展開できないため、ずっと成功確率の低い勝負をし続けなければなりません。

Wikipediaからの引用でマーケティングを定義する

本を読んで閃いた人のイラスト(男性)

マーケティングの定義がわからない・・・という状態に陥ると

ならば、こういう時はWikipediaで「マーケティング」を調べてみよう!という発想になりがちです。実際にwikipediaで調べるとマーケティングの定義は次のように書かれています。

マーケティング(英: marketing)とは、企業などの組織が行うあらゆる活動のうち、「顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその価値を効果的に得られるようにする」ための概念である。また顧客のニーズを解明し、顧客価値を生み出すための経営哲学、戦略、仕組み、プロセスを指す。  

モヤモヤした人のイラスト(男性)

Wikipediaで調べて「マーケティングの定義」が理解できましたか?

たぶん理解できない(よくわからない)のではないでしょうか?

理解できない原因は「書いてあることは正しいように聞こえるけど、実際のゲーム事業に活用するための具体性に欠ける」というのが本音ではないでしょうか?

wikipediaを引用しても「マーケティングの定義」の正体はわかりません。つまりWikipediaを検索しても

「マーケティングとは何か、一言で簡単に説明せよ」

という今回のお題に対して、適切な回答ができないのです。

マーケティングとは何か?

ここからが本題です。いきなりですが答えから入ります。

「ゲーム業界におけるマーケティングの定義」について一言で簡単に説明すると

「モノが売れる仕組みづくり」

以上となります。(モノとはゲームのことを指しますから「ゲームが売れる仕組みづくり」となります)

いかがでしょうか?これなら、一言(ワンフレーズ)でマーケティングの定義について簡単に説明できます。

 

「モノが売れる仕組み作り」って何だ?

というツッコミを受けたら、こんな感じで説明をしていきます。

 

マーケティングとは「モノが売れる仕組み作り」ですから

「戦略」「戦術」「市場調査」「プロモーション施策」は

「モノが売れる仕組み」をサポートする「ひとつのパーツ」にすぎません。

なるほど・・

 

「戦略」「戦術」「市場調査」「プロモーション施策」は

マーケティングの活動の一部ですが、それが「マーケティングのすべて」ではないのです。

ふむふむ

 

むしろ  マーケティングとは「モノが売れる仕組み作り」ですから、究極的には「モノが売れる仕組み」を作れたら

「何もしなくても自然に売れる状態がつくれる」とも言い換えることもできます。

ここでのポイントは「モノが売れる仕組みをつくること」がマーケティングの本質であり、その仕組みは宣伝予算の大小に必ずしも影響を受けるわけではありません。

もし「マーケティング=プロモーション=お金の使い方」と誤解しているなら、これは「モノが売れる仕組みを作れなかったので、お金で一部解決している」

という言い換えもできます。

ここからマーケティングの定義について、さらに踏み込んでいきますが、こんんな疑問が湧いてきませんか?

「モノが売れる仕組み」ってどうやって作ればいいんですか?

マーケティングの定義である「モノが売れる仕組み」は「3つマーケティングプロセス」から構成される

ゲーム業界におけるマーケティングとは「モノが売れる仕組み作り」という話をしましたが、では実際に「モノが売れる仕組み作り」はどうすれば「作れるのか?」という話になります。

この「モノが売れる仕組み作り」をするのがマーケターの仕事であり、その仕事は「3つのマーケティングプロセス」から構成されます。

この3つのプロセスは「ゲームマーケティング」に特化して構成していますが、「ゲーム業界のマーケティングの定義」においては家庭用ゲーム、スマホゲーム、PCゲーム、アーケードゲーム等、分野は関係なくこの3つのプロセスを実現することで「適切なマーケティング」が実現できます。

ポイントはどれか一つでも欠けては実現できず、かつ矢印の順番通りに実現しないと効果が出ないという点です。

「②とどけるマーケティング」だけを「マーケティング」と誤解している

ゲーム業界において、多くのマーケターはこの表の中の真ん中にある「②とどけるマーケティング」がゲームマーケティングのすべてであると考えています。

「②とどけるマーケティング」とは「プロモーション」を指す部分でもあるので、ここからマーケティング=プロモーションという誤解が生まれているのです。

しかし「②とどけるマーケティング」をどんなに実行しても結果はでません。これはトロネコが20年間にわたって、ゲーム業界でマーケターをやってきた結果、たどり着いた結論です。

3つのマーケティングは、全部セットで実行し、実行し続けないと、瞬間的な成功は出せても、継続的な成功は出せない

という結論に至りました。

なぜ「②とどけるマーケティング」をやり続けても結果がでない、出にくいのか、トロネコはこの3つのマーケティングをわかりやすく説明するために、いつも「ラーメン作り」に例えて話をしています。

美味しそうに見える、実際に食べたら美味しい、ラーメンを作って、その魅力を適切に伝え熱狂的なファンになってもらい毎日ラーメンを食べにきてもらう。お客様の好みや世の中のトレンド、競合ラーメン店の状態にあわせて「ラーメンの味」をチューニングしながら、チューニングした変更点を適切に届けていく、これがラーメン事業で成功するための秘訣であり、ゲーム事業も同じなのです。

 

詳しくは下記の「美味しいラーメン作り」の記事でも書いていますが

「見た目もつまらなさそう、実際に遊んだらつまらないゲームであっても、瞬間的にお客様を振り向かせるプロモーション施策は可能であり、瞬間的には成功みたいな状態は作れなくないですが、結局のところ本質的な成功を収められません。

これがマーケティングの本質であり、成功を収めるためには「マーケティングの定義」を構成する「3つのマーケティングプロセス」に踏み込むしかないのです。

特に「①つくるマーケティング」に踏み込めないとスタート地点にも立てないのです。

ゲームビジネスはラーメン作りと同じ【見た目も美味しい、食べたら病みつきになるラーメン作りが必要】

 

とはいえ、ゲーム業界で20年間も働いていると「ラッキーなこと」も稀に起こります。たまたま作ったものが時代の流れやユーザーニーズに合致して売れたりします。

また、つまらないゲームでもパワープロモーションでなんとか乗り越えられた時代もありました。しかし、時代は大きく変化しており、このような方法はもう通用しません。

大量の書類を運んでくる上司のイラスト

しかし、実際にはどうでしょうか?

「ゲーム完成した」「あとはマーケティングでプロモーションでヨロシク!」

みたいな事がまだまだ存在していませんか?

そして、それでは結果が出ないということも気づいていませんか?

これは、マーケターとしても反省すべきことですが「①つくるマーケティング」に踏み込まず、「②とどけるマーケティング」しかしてこなかったツケとも言えます。

ゲーム開発チームといっしょに「①つくるマーケティング」に踏み込んで「見た目も、食べても美味しいラーメン」をつくれないと戦えない時代なのです。

そして、 「つくるマーケティング」が無事に実現できたら

「②とどけるマーケティング」だけでなく

「③とどけつづけるマーケティング」を行わないといけません。

特にスマホゲームアプリの場合は、配信日がゴールではなく始まりです。美味しいラーメンをファンの好みや要望にあわせてチューニングしながら届け続けなければ結果を出すことができない運用型商品なのです。

これは、売り切り型の「家庭用ゲーム」も同じで、続編が発売されるまでの空白期間において「③とどけつづけるマーケティング」を行わないと、もう生き残れません。そして、次回作の発売の時に、それまで積み上げてきた「③とどけつづけるマーケティング」の答え合わせを行うのです。

よって

「マーケティングの定義について、一言で説明しよう」

という今回のテーマに対する答えは

「一言で説明するならモノが売れる仕組み作りです

「その仕組みは”3つのマーケティング”をもって作られます」

となります。

そして「3つのマーケティングプロセス」ついて説明できれば今回の目的は達成できます。

まとめ:具体的にはどうすればいいの?

というわけで、今回は「マーケティングの定義」についてお話しました。

 

ところで、「マーケティングの定義」について、ネットで調べても、ほとんどのケースでここで終わってしまい、具体性が不足しているケースが多いのです。

で?実際にどうやって「3つのマーケティングプロセス」を実行すればいいの?

その結果、作った「マーケティング戦略」はどう活用すればいいの?

という話まで踏み込まれておらず、フワっとした状態で終わってしまいます。当サイトはフワッとした状態では終わらせません!!さらなる深掘りは下記記事で書いていますので参考にしてみてください。

【徹底解説】3つのマーケティングプロセスでやるべきこと

汎用的なフレームワークを使ったゲームマーケティング戦略の作り方

というわけで今日はここまで!

 

タイトルとURLをコピーしました