ゲームマーケティングと開発は一心同体でなければ100%失敗する理由

マーケティング
スポンサーリンク

ゲーム開発とマーケティングは売れるラーメンつくりと同じ

こんばんは、トロネコです。

ところで今回はラーメンとゲーム事業がよく似ているという話をします。

いままでの記事でも、ゲーム事業をラーメン作りに例えた事がありますが、今回はかなり深掘ってお話をしたいと思います。

実は、マーケティングをあまり知らない人に、わかりやすく説明する際に「ラーメン」に例えて話をすると非常にわかりやすく説明することができます。

ぜひ、今回の記事を読んでいただき、マーケティングの説明が必要な時に活用していただけると幸いです。

成功する「ラーメン屋さん」に必要なプロセスを分解してみよう

屋台のラーメン屋のイラスト

もしあなたがラーメン屋さんで成功したいならきっと、こんなプロセスを踏む必要があります。

・他にはないポジションを獲得できる美味いラーメンを考える

・試作品を作ってみる

・ラーメン好きな人を集めて試食会を実施する

・お店をオープンして提供する

・毎日作り続ける

・お客様の好みや市場の変化にあわせて改良し続ける

全てではないけど、成功するプロセスとしては必要な気がしませんか?この、売れるラーメン屋さんのプロセスをゲーム開発に置き換えると次のような流れになります。

・他にはないポジションを獲得できる美味いラーメンを考える →ゲーム企画
・試作品を作ってみる →プロトタイプ開発
・ラーメン好きな人を集めて試食会を実施する →ユーザーテスト、CBT(クローズドβテスト)
・お店をオープンして提供する →ゲーム配信
・毎日作り続ける →ゲーム運営
・お客様の好みや市場の変化にあわせて改良し続ける →アップデート、リニューアル

いかがでしょうか?美味しいラーメンつくりと、ゲーム開発は似ていると思いませんか?

まずいラーメン(=つまらないゲーム)は絶対に売れない

当たり前の話ですが、まずいラーメンを売って来いと言われても、まず売れません。

ラーメン屋さんの新規開店記念ということで、

「本日だけラーメン無料」
「ラーメン食べたらお食事券1000円プレゼント」

みたいなプロモーションは不可能ではありませんが、まずいラーメンを食べた結果、再訪しようなんて誰も思わないと思います。

しかし、「本日だけラーメン無料」「ラーメン食べたらお食事券1000円プレゼント」といった施策こそ、ほとんどのゲームアプリで「マーケティング」と呼ばれて行われてるそのものなのです。

実際にはマーケティングというよりも「プロモーション」なのですが、多くの人が、「マーケティング」と「プロモーション」はイコールと考えています。でも、これは間違いなのです。

・クオリティ的に問題があるゲームなだけど宣伝費をかけてなんとかしよう!
・だって他に選択肢がないんだし(売るタイトルもないし・・)
・海外系のゲームはそうやって配信初動でユーザーをとっているらしいっすよ

みたいな感じでプロモーションをしているケースが多いのです。

でもパッケージ売り切り型の「家庭用ゲーム」の場合、つまらないゲームでも美味しそうに見せて売り逃げするケースが2000年代初頭にはありました。

TVCMで美味しそうな部分だけ見せて、期待感を煽って、予約を集めて、売り切ろうとうという感じです。

しかし、そんな売り方をすると、次回作は売れないのでゲーム事業としては短命で終わってしまいます。

このように、売上が発売日と同時に立つ家庭用ゲームなら逃げ切りもできなくはないのですが、運用型のスマホゲームの場合はまず不可能です。

なぜなら、スマホアプリの場合は、アプリダウンロードさせても、つまらないゲームと分かった時点で課金もしてくれませんし、そもそも、その日のうちでゲームを辞めてしまうからです

オープン当日にゲームが遊べないのは、それ以前の問題

ここでちょっと話を変えてみましょう!

たとえば新しいラーメン屋さんをオープンするにあたって、近隣周辺にお住まいの方にチラシ配布してオープン告知して、チラシにはラーメン1杯無料チケットを付けたりして、オープン当日に集客をしたりしますよね?

でも、なんと、オープン当日に麺とスープの仕込みを忘れていて
オープンできなかった・・・・・

みたいな事は実際にはないと思うんですけど、ゲームアプリではありえるんです(実際に何度もそういう状況を目にしてきました)

・ゲーム配信直後にサーバーにアクセスできない
・ゲームが不具合だらけで遊べない

せっかく、ラーメン無料チケットを握りしめて、オープン初日、朝早くからお店の前に並んだのにラーメンが食べられなかった、そんな体験をさせてしまったら、再度、日を改めてオープンをしても食べに来てくれません。

ゲームアプリは配信日から続々とユーザーが辞めていく

もし、無事にラーメン屋をオープンできたとしても、全く油断できません
なぜなら

・肝心のラーメンがとても食べられたものではない
・肝心のラーメンがとても食べられたものではない
・美味しいけど、再訪するほどじゃない

こんな状態でラーメン屋をオープンしたらオープン当日に来店してくれたお客様をその後リピーターにするのは難しいからです。

オープン当日でどこまで魅了してリピート来店を確定させるかがラーメン屋さんでは重要というわけです。

それと同じようにゲームアプリでも配信当日が非常に重要です。

なぜなら、様々な理由でインストールしたばかりの新規ユーザーが続々と辞めていくのがゲームアプリの避けられない特性だからです。

・ゲームがつまらない
・ゲームのルールがわからない
・全然勝てない

ゲームを辞める理由にはいろいろ理由はあるんですけど、ラーメン屋と同じで、一度辞めてしまったユーザーを戻すのは非常に困難です。

厳密には一度辞めてしまったユーザーを戻せなくはないけど辞める体験をさせてしまった人を再度戻すのは労力がかかります。

そして、まずいラーメン(=ゲーム)を一度食べさせて失望させたわけですから、その信頼を挽回する方法は普通の方法では困難です。

ゲームも同じなのですが初日に集客したユーザーを維持できない、魅了させられなかったから、サービス開始後にゲームを改修しても、一度辞めたユーザーを戻すのは容易ではありません

1年後にゲーム改修して、ユーザーを戻して、なんとなく成功したように見えても結局のところ、最初でつまづかなければ、もっと高い場所を目指せたハズで1年後に、なんとなく成功したように見えている「山の頂上」って、本来登れた山よりも低い山なんですよね。だからこそ、配信直後が重要というわけなんです。

ゲーム事業において「マーケティング」と「開発チーム」は一心同体

ここまで読んていただいた方は、もう気づいていると思います。

ゲームマーケティングとはそのラーメンの美味さをみんなに知ってもらい、来店して、ファンになってもらうだけではは不十分なのです。

これらに加えて冒頭でお伝えした次の要素が必要になります。

・他にはないポジションを獲得できる美味いラーメンを考える →ゲーム企画
・試作品を作ってみる →プロトタイプ開発
・ラーメン好きな人を集めて試食会を実施する →ユーザーテスト、CBT(クローズドβテスト)
・お店をオープンして提供する →ゲーム配信
・毎日作り続ける →ゲーム運営
・お客様の好みや市場の変化にあわせて改良し続ける →アップデート、リニューアル

これらのプロセスにはマーケティングも関わらなければならなりません。

つまり

新しくて美味いラーメンをつくるためにはラーメン好きな人の好みを解析し必要なインプットをラーメン店主にする必要があるというわけです。

もちろん、ラーメン店がオープンできないという不足の事態にならないように、あらゆる予防線を張っておく必要もあります。それもマーケター、マーケティングの仕事なのです。

それ、本当に「マーケティング」の仕事なの?

ここまで読んでいただくと「マーケティング」って仕事量が半端ない感じがしませんか?たぶん、いまマーケティングの仕事をしている人からすれば、

「マーケティングの仕事って、そこまで必要なの?違うでしょ?」

と思うかもしれません。

でも、もしそう感じたなら、それは

「マーケティング=新規ユーザー獲得の宣伝」と誤解している証拠です。

いわゆる「プロダクトマーケティング」という領域までゲームのマーケターは踏み込む必要があります。それは開発の仕事ではなく、マーケターの仕事領域です。

なぜなら、結局のところまずいラーメンはどうやっても売れないからです。

プロダクトマーケティング的な役割はマーケターでなくても、出来ますが、たぶんマーケティングやっている人が得意な領域です。

何度もお伝えすると

まずいラーメンを売り続けるのはまず不可能です!!
でも、ラーメン店主といっしょに作った美味いラーメンはその美味さの理由や制作ストーリーも語れるし誰向けに作ったのかも明確だから売りやすいし、実際に売れます!!

そう考えていくと、ゲームマーケティングとは新規ユーザーを獲得するのが役務であり、ユーザーを取れないなはマーケティングの責任みたいな話はナンセンスなのです。

うまいラーメンが作れなかった責任を転嫁しているようなものです。

でも、そういう意識はゲーム業界で根強く存在していて、そういう意識が状態化した結果、世の中に出て行くゲームの9割は売れないし生き残れない状況を作り出しています。

まとめ:なぜヒットが生まれないのか?

なぜ、うちのゲームが売れないのかなぜ、大ヒットに続く、2本目のヒットが出ないのか、その原因はシンプルです。

運良くヒットしただけなのに、それを実力だと勘違いして
本質が見えていないだけなのです

それを突破するには、運に任せるのではなく、マーケターがラーメン屋の店主と一緒にラーメン作りから入っていく必要があります。

こういう話をすると必ず返ってくる話が

「そんなスキルセットを持ったマーケターなんて存在しない」

みたいな話になるのですが、そんな言い訳をしている時点で、もうこれからのゲーム業界では生き残れません。

というわけで、今回はここまで!

タイトルとURLをコピーしました