ゲーム開発

ゲーム開発

ハイパーカジュアルゲームの開発プロモーションで絶対やるべき3つのこと(ユーザー属性/ASO/クチコミ拡散力)

「ハイパーカジュアルゲーム開発プロモーションで絶対やるべき3つのこと」というテーマで「①ユーザー属性」「②ASO」「③クチコミ拡散力」についてお話をします。他にもやるべことはたくさんありますが、まず必須事項として、この3つを念頭において進めることで致命的な失敗を回避することができます
ゲーム開発

【インディーズゲーム】失敗しない個人ゲーム開発とユーザー集客マニュアル

今回は最近、熱くなってきている個人開発ゲームに関するお話です。個人ゲーム開発を行う上で、これだけは最低限、押さえておくことで大きな失敗を事前に防ぐことができて、多くのユーザーに遊んでもらえる可能性が広がるというポイントをまとめました。
ゲーム開発

【危険】ゲーム企画の9割が誰に向けたゲームなのか明確になっていない原因(ターゲット設定のやり方解説)

新しいゲームの企画書の多くは、そのゲームを遊んでくれるユーザーイメージが明確になっておらず、なんとなく「ふわっと」した状態で企画が進んでいるケースが見られます。「ターゲットが明確になっていない状態によるゲーム企画の着手」こそが、そのゲームがうまくいかない原因なのです。なぜそのような状態が起こるのか?対策方法についてもお話します。
スポンサーリンク
キャリア・人生

【ゲームの仕事は究極の遊び】ゲーム開発やマーケティングを夢中で楽しめないなら成功しない

ゲームの仕事を「仕事」ではなく夢中に楽しめないとゲーム事業はうまくいかないという話をします。根性論とか、ブラックに働け!という話ではなく、ゲームは人間の感情を動かすエンタメなので、論理的思考や数字だけで語れず。ユーザー視点で物事を考え、ユーザー視点の感情が必要だからです。
ゲーム開発

【スマホゲーム】既存運営タイトルを改善させるリバイバルマーケティング

ゲーム会社にとって既存タイトルをどれだけ維持継続させられるか、それも重要なミッションです。でも、長年ゲーム運営して、色々なことを試したけど、手詰まり感がある既存タイトルも多く、悩んでいるマーケターの方も多いと思います。そこで、今回はスマホゲームの既存運営タイトルを改善させるためのリバイバルマーケティングについて解説します。
ゲーム開発

ゲーム開発とプロモーションは30%のチャレンジと70%の定番施策がちょうどいい

ゲームプロモーションにおけるリソースの掛け方についてお話します。配信前の新作タイトル、もしくは配信後の運用タイトルにおいて、リソース(=お金、人、自社の資産、時間)をどのように配分するのが良い結果を生みやすいのか、核心に迫ってお話します。
ゲーム開発

スマホゲーム・家庭用ゲームがヒットするめに必要な3つのこと【ゲームクリエイター/マーケター必見】

近年、新作ゲームをヒットさせるハードルが上がってきていますが、その中でどうすれば勝機を高めることができるのか?「市場とファン」「面白さ」「拡散力」といった3つのポイントで解説します。
ゲーム開発

ゲーム開発における潜在ニーズと顕在ニーズの違い【ゲームクリエイターとゲーム開発者の違い】

「潜在ニーズ」と「顕在ニーズ」についてお話します。これら2つのニーズの違いと活用方法を理解することで、ゲーム事業の成功確率が変わります。ゲーム開発、ゲームマーケターは是非理解しておきましょう。
ゲーム開発

スマホゲームサービス終了をポジティブに変えるクロージングマーケティング

今回はゲーム業界ではあまり語られていない「ゲームアプリのサービス終了におけるマーケティング」をテーマにお話をします。これを「クロージングマーケティング」と呼んでいます。クロージングマーケティングができる会社だけが5年、10年、20年後も生き残れます。
ゲーム業界

ゲームの面白さは売上に直結しない「無駄」から生まれる5つの理由【本気のゲーム開発】

「従来のスマホゲームにおける無駄」と判断されていたことについて、どこまで真剣に向き合い、面白さを徹底的に追及したゲーム開発ができる会社しか生き残れない時代になります。「なぜ、できないのか?」「どうすればできるようになるのか?」について深く掘り下げます。
ゲーム開発

ゲームジャンル選びで売上、市場規模、マーケティング戦略の大部分は決まります【スマホアプリ/家庭用ゲーム】

ゲームジャンルを選ぶことで、市場規模、ターゲットユーザー、売り上げ見込み、そしてマーケティング戦略の大部分が決まります。しかし多くの現場ではゲームジャンル選びをあまり重視していません。なぜ重視されないのか?どうすればいいのか?解説します
ゲーム開発

スマホゲームアプリ事業が失敗する17個の理由(原因を知り失敗を回避しよう)

今回はゲームアプリがうまくいかない理由についてお話します。うまくいかなくなる理由を事前に知ることで、事前に課題解決ができるようになります。ゲーム開発、ゲームマーケティングをされている皆様にとって、今回の記事が少しでもお役に立てれば幸いです。
ゲーム開発

DAU(Daily Active Users)とは何か?|どこよりも具体的に詳しく解説(ゲームアプリマーケティングの基礎KPI)

基礎的なKPIであるDAU(Daily Active Users)について解説します。なぜ、今更、そんな基礎的なKPIであるDAUについて解説をするかというとネットを検索しても適切なDAUについての解説が見つけられなかったからです。DAUの算出方法や言葉に対する説明だけでなく、DAUから何を把握して、何に活かすのか?DAUに注力することのメリットとデメリットなど、DAUについてどこよりも詳しく解説します
ゲーム開発

【モッタイナイ】新作ゲームアプリが失敗する初歩的な5つの原因(改善余地あり)

ゲームアプリ事業が失敗する理由として「ゲーム本体が面白くない」「市場性がない」といった原因もありますが、初歩的で、ちょっと手を加える事で改善の余地がある場合も多いと感じています。ここを修正するだけで状況を改善できる「5つの初歩的な失敗の原因」について解説します
ゲーム開発

アニメ原作漫画ファンが必ずしもゲームのメインターゲットにならない理由|ターゲットユーザーの決め方

アニメのファン=ゲームターゲットとしがちですが、大きな間違いをしてしまう可能性があります。「ゲームとアニメの関係とは?」「事業全体におけるアニメの役割は?」「アニメをどのように活用すればゲーム事業に貢献できるのか?」といった話をします。
ゲーム開発

原作版権キャラIPを使ったゲーム開発で失敗させない方法|成功させる5つの標準機能

原作版権キャラIPを使うことによるメリットも多いのですが、必ずしも原作版権キャラIPを使えばゲームが成功するとは言えません。「原作版権キャラIPを使ったゲーム開発で失敗しない方法」について解説ます。
ゲーム開発

スマホゲームアプリのプッシュ通知はDAUを維持する最後のリテンション施策【離脱防止・復帰施策に効果あり】

スマホゲーム事業は離脱ユーザーを軽減させることとの戦いです。そこで注目したいのはスマホアプリの基礎機能であるアプリの「プッシュ通知」です。あまり活用されていないゲームのプッシュ通知を使いこなせれば、ゲーム運営において最後の砦になるかも!?という話です。
ゲーム開発

【ゲームアプリ】クローズドβテスト(CBT)の設計方法(OBTとの違いも比較)

今回はスマホゲームに限らずPCオンラインゲームでも避けて通れない必須施策であるCBT(クローズドβテスト)について、その実施目的と役割、設計方法についてお話しします。
ゲーム開発

【ゲームビジネス】売れる企画書の作り方・社内決裁をとる企画書の作り方|マーケティング視点で解説

今回はゲームビジネスにおける2つの「ゲームの企画書の作り方」についてお話します。ひとつは結果を伴う企画書の作り方、いわゆる「売れるゲーム企画書」の作り方です。もうひとつは社内で「プロジェクトの決裁を取るための企画書」の作り方です
ゲーム開発

日本のゲームアプリ市場で中国ゲームアプリが失敗する主要原因10選

日本で展開する中国のゲーム会社において成功を収めるタイトルもあれば、実際のところ多くが失敗している現実があります。なぜ、日本市場で成功を収められないのか?さまざまな原因がありますが、その中でも代表的な10個の原因について絞ってご紹介します
ゲーム開発

ゲームアプリ運営視点での周年キャンペーンは戦えないかも?ユーザー視点の施策設計が重要な理由

【周年施策事例の紹介と周年施策のメリットと課題を徹底解説】ゲームアプリのアニバーサリー周年施策はゲーム会社視点とユーザー視点のギャップを理解することで効果ある施策設計ができます。新しい周辺施策のヒントもご紹介します。
ゲーム開発

【ゲームアプリ開発】CBT・OBT・チューニングテストの設計方法とメリットとデメリット

CBTやチューニングテストの実施がゲームアプリ開発にはとても重要であり、実施せずにゲームを配信リリースすることは極めてリスクが高いという話をします。さらにそれぞれの目的、メリット、デメリットについても解説
ゲーム開発

【家庭用/スマホアプリ】ゲーム事業を成功させるために必要な10個のこと能力とスキル)

スマホゲームアプリ、家庭用ゲームを成功させるために必要な10個の能力スキルについて解説します。これらを習得することで、ゲーム事業の成功確率をあげ、ゲーム会社として健全な状態を目指すことができます
スポンサーリンク