【比較】広告・マーケティング・PR・ブランディングの違い【ゲーム事業に置き換えて解説】

PR・プレスリリース

【比較】広告・マーケティング・PR・ブランディングの違い【ゲーム事業に置き換えて解説】

こんにちは
マーケティングスペシャリストのトロネコです。

今回は「マーケティング」 「広告」 「PR」「ブランディング」といった4つの違いについてゲーム業界における具体例をあげながら説明します。

なんとなく違いが理解していても
うまく説明できないですよね・・・・。

そして、実際のゲーム事業に置き換えて説明しようとすると
うまく説明できなかったりしますよね・・・・。

今回の記事を読んで、4つの違いをゲーム業界に置き換えて説明できるようになりましょう。

【目次】
・マーケティング
・広告
・PR
・ブランディング
・まとめ

 

マーケティング

マーケティングとは「モノが売れる仕組みつくり」である
そして「モノが売れる仕組み」は「3つのマーケティングプロセス」から構成される

という事を当サイトでも繰り返しお伝えしてきました。(気になる方はこちらを参照ください)

よってユーザーに対するアプローチで「マーケティング」を表現すると下記のようになります。

「このゲームはあなた好みで、きっと求めていたものだよ」

とどけたい相手(ターゲット)、とどけたいモノ(プロダクト)、とどけたい訴求軸(戦略)が決まっていて、その魅力をプロダクトを通して伝えている状態です。

重要なのは必ず「①②③」をすべてセットで伝えている状態であるという点です。

「②とどけるマーケティング」の一部だけを使って一方的に「このゲームはあなた好みで、きっと求めていたものだよ」と繰り返しても、それはマーケティングではなく、マーケティングの一部機能にあたる「広告」になります。

「広告」については次のパートで説明しましょう。

広告

「広告」は「3つのマーケティングプロセス」における「②とどけるマーケティング」「③とどけつづけるマーケティング」の一部に相当します。

そして「広告」は企業側からの一方通行の認知、魅力の理解を促す活動ともいえます。そして「広告」は宣伝活動の一部でもあります。

「このゲーム面白いよ、楽しいよ、買ってよ」

相手の都合はあまり気にせず、一方的に「告白」を繰り返しているようなものです。

結果的に「認知」「知名度」を上げることはできますが、「広告」だけでユーザーの共感を生むことは難しく必ず「マーケティング」とセットで設計する必要があります。

「マーケティング」とセットで設計されることで、「広告」は価値を生みます。

PR

PR(Public Relation)とはゲーム会社から直接、情報伝達するのではなく、メディアを通して情報伝達する手段です。

自社から直接情報伝達することは「広告」ですが、広告色が強いとユーザーは構えてしまいます。PRはメディア(第三者)を経由して情報を伝えるため、信用度の高い情報をユーザーに伝えられます。ただし、メディアが持つ信用度に依存します。

「新しいゲームが出たんだって」

メディアを通して代弁しながら情報を伝える「第三者目線」がPRです。

PRにはお金が発生するペイドパブリシティと、お金が発生しない無料パブリシティが存在しますが、お金が発生するパブリシティは記事、動画、SNS投稿の中に「PR」と記載する必要があるため、実質広告と変わりません。

一方で無償パブリシティはお金が発生せず、「メディアの判断でメディアが取り上げる無料の広告」になりますので、ここはPR担当の腕の見せ所となります。

 

ブランディング

「ブランディング」とはユーザーがその商品、または企業、ゲームに対して存在価値を感じることです。

「サッカーといえばウイイレでしょ」
「ハンティングアクションといえばモンハンでしょ」

というようにゲームの場合は時間をかけて蓄積された「面白さ」「信頼」「体験」「イメージ」などから構築される目に見えない価値です。

ブランディングが成功している状態は、熱狂的なファン化が成功している状態であり、ゲームだけでなく、マーケターが目指すゴールがここにあります。

ブランディングに成功すると、新しいサッカーゲームや、ハンティングアクションゲームが登場しても、ウイイレやモンハンのポジションは簡単に揺らぐことはなく、むしろ存在価値が高まる場合もあります。

宣伝とプロモーション、広報とPRの違い

今回のテーマから外れますが、宣伝とプロモーション、広報とPRの違いもゲーム業界においては違いがわかりにくいものです。

宣伝とプロモーションは「マーケティング」のうち「②とどけるマーケティング」「③とどけつづけるマーケティング」の一部に含まれるものです。

宣伝、プロモーションは「マーケティング戦略」における「目的」を達成するための「戦略」を具体化したものです。「戦術」と表現される場合もあります。

「マーケティング戦略のフレームワーク作り」は下記の記事で詳しく解説しています。「宣伝」と「プロモーション」はほぼ同じであり、その違い大きな意味はなく、もっと重要な事は別にあります。

【基本編】マーケティング戦略のつくり方【汎用性の高いフレームワークをご紹介】

広報とPRの違いはシンプルです。

広報 企業の総合窓口としてニュースや情報を発信する役割。外部から問い合わせがあった場合の一次窓口としての役割の担う。個別商品の問い合わせはPR担当に引き継ぐ
PR ゲーム単体など特定商材の担当として情報を発信して「マーケティング」における「②とどけるマーケティング」「③とどけつづけるマーケティング」の一部を担う

ただし企業によってはバラバラで、小さい会社ではPRと広報を兼任している場合もありますし、そもそも理解していない会社もあります。

もう少し実務に踏み込んでわかりやすい例をあげると外部に対する情報発信について下記のような違いがあります。

情報発信の種類 担当 配信先
プレスリリース 広報 ゲームメディアに限らずあらゆる媒体。上場企業の場合、IRに関わる情報をプレスリリースとして扱う
ピッチ、インフォメーション、リリース(プレスリリースと呼んでいる会社もあり)

※ピッチとは特定メディアに対して仕込みにいくというPR業界の専門用語です。

PR ゲーム媒体に限定。特定商品のプロモーションに依存した情報

 

まとめ

「マーケティング」 「広告」 「PR」「ブランド」といった4つの違いについてゲーム業界における具体例をあげながら説明してみました。

それぞれの違いを説明できると、マーケティングの本質をさらに理解することができます。

というわけで、今回はここまで!

タイトルとURLをコピーしました